高級住宅info.

  • これこそが豪邸のガレージハウス!デザインだけでなく間取り・ゆとりもハイクラス

これこそが豪邸のガレージハウス!デザインだけでなく間取り・ゆとりもハイクラス

住宅のデザイン性や機能性を兼ね揃えた豪邸に、愛車との距離が近くなる駐車スペースを備えた贅沢な「ガレージハウス」。

住宅内の専用スペースに愛車を並べることができ、愛車と住宅、愛車と家族、それぞれが身近な空間にあるのが魅力です。

ここでは、ガレージハウスの価格相場や間取りなどを紹介していきます。

1.豪邸を検討するならフルオーダーのガレージハウス

豪邸のガレージハウスの相場は坪単価70万円~100万円

「豪邸のガレージハウス」は、フルオーダーで設計・施工する「デザイン性」と「住空間」そして、「ガレージ」の機能性を兼ね備えた住宅を指しています。ビルトイン、つまりお住まいの建物内に駐車スペースを配置するため、利便性が高くなります。

ガレージを含めた新築工事を行う場合、坪単価は70万円~100万円を相場として考えましょう。ガレージに愛車を何台収容するのか、ガレージと近い場所にどんな間取りを計画するかによって、かかる費用は異なります。

2~3台と収容台数が多い場合、構造的に木造ではなくRC(鉄筋コンクリート)造で建てる必要性が出てくると、坪単価が100万円以上というケースもあります。

「ゆとり」が広がる!豪邸のガレージハウス検討のポイント

愛車がライフスタイルの中心でもゆとりのある家

ガレージハウスは、ただ単に車が置けて住める「広さ」や「余裕」があればよいというわけではありません。愛車をライフスタイルの中心にしつつ、住む人の使い勝手のよさも意識した、車と人のための家づくりや「ゆとり」づくりを意識しましょう。

家族やライフスタイルに合わせた豪邸

車の使用頻度は、家族が利用する度合いなどによって異なります。そこで大切なのは、ガレージを使う人にとって利便性が高いこと。家族の年齢やライフスタイルに合わせたガレージハウスの設計や施工を考える必要があるのです。

デザインや機能も重視

豪邸と呼べるガレージハウスをつくるなら、デザインや機能にこだわった住まいと、住まい以上に高い安全性や機能性を備えたガレージを、ひとつの空間に収めなければなりません。そこでポイントになるのは、利便性に加えられた「デザイン」と「機能」です。

2.豪邸のガレージハウス!購入前にチェックしたい「基本情報」

ガレージハウスの購入や新築!1台分の愛車に必要なスペース

愛車を3台収容、もしくは愛車2台+バイクや自転車を収容できるサイズになると、1台分の駐車スペースは、幅2.3m~2.5m、奥行き5.0m~5.5mの約3.5坪〜4坪を確保するのがおすすめです。

また、ガルウィングドアやバタフライドアと、スライドドアの車では、スペースに必要なゆとりは異なります。

ビルトインガレージの収容台数を決める際、愛車の所有台数に合わせるだけでなく、愛車が増えても対応できるスペースを確保しておく方もいます。

新築を計画した時点では1、2台しか所有していなかった愛車も、子どもの成長にともなって増えることは少なくありません。例えば4台になれば約14坪~15坪のスペースが必要です。

ゆとりのある収容スペースと配置スペースをバランスよく考えておきましょう。

豪邸のガレージハウスの保証内容やメンテナンス期間

設計事務所や施工会社によって、ガレージハウスの保証期間が異なります。

フルオーダーの豪邸や住宅であれば、最長50年という期間のメンテナンスや管理が含まれています。レディメイドの豪華な住宅を購入する場合は、竣工からの期間などを確認する必要があるので要注意です。

さらに、メンテナンス範囲や項目も確認しておきましょう。

3.これこそが豪邸のガレージハウス!ハイクラスは楽しみ方が違う

プランに加えておきたい家づくりとゆとりのある間取り

60平方メートル~100平方メートルのハイクラスの間取りでは、キーワードは「ゆとり」や「自由自在」です。

豪邸らしい間取りといえば、機能と広さを兼ね備えたキッチン、天井までの高さがある吹き抜けのリビング、趣味にこだわった部屋などが考えられるでしょう。

そして、忘れてはならないのが愛車の存在です。愛車のためにこだわりを持ってガレージハウスを新築すると、1台分約4000万円~が相場となるでしょう。

ガレージにある愛車を室内から眺められるスペースには、さらなる魅力があります。スタディルームやホームオフィス、リビングやミニバーなどのセカンドキッチンのある位置から眺めるのも格別。

乗っているときだけでなく、ガレージに収納した状態で愛車を眺めることができる間取りは、おすすめのひとつです。

個性を活かしたデザインで「空間」に加えたいグローバルテイスト

和室はないけれども「和テイスト」は欠かせない、庭は少ないけれど自然素材や自然要素を取り入れるなど、こだわりの“テーマ”は、住宅のデザインを魅力的にします。愛車のためのスペースも同じです。

ヨーロピアンやアメリカンなどのテイストをガレージハウスに取り入れて、中庭に愛車やバイクを飾るというスタイルも見かけます。中庭に1台分の駐車スペースを設置して、その周囲を趣味のスペースに設定することも可能でしょう。

4.アーネストアーキテクツの施工例で見るガレージハウス

「これがおすすめの豪邸モデル」建築家や設計事務所のおすすめポイントは

「フレキシブルな発想」で空間をつくり、駐車スペースに高低差をつけて、ガレージをギャラリーのように眺めることができるガレージハウス。愛車を眺められる位置に、バーカウンターが設置されています。

広いだけ、豪華なだけではなく、家族も愛車も同じ空間にいられるような間取り。そして、その空間でくつろいだり楽しんだりできることが大切です。

アーネストアーキテクツの施工例をチェックすることで、間取りをイメージできます。イメージに合わせたお住まいのプランと、豪邸に仕上げるプロのアドバイスで使い勝手のよい魅力的なガレージハウスが建てられるでしょう。
 

ハイクラスなガレージハウスにはこんなアイデアもおすすめ

2階に生活空間を集約し、平屋のようにゆったりと見渡せる家。1階は趣味のスペースとして、愛車を並べてライトアップしたギャラリーのような愛車専用の空間に。のびやかなライフスタイルと趣味のバランスを堪能できる豪邸です。

まとめ

坪単価70万円~100万円のハイクラスなガレージハウス。フルオーダーだけに、設計や施工業者選びはポイントになります。アーネストアーキテクツの施工例でもわかるように、理想的なのは、広さだけではないゆとりを楽しむ豪邸です。

設計からプロフェッショナルなサポートが得られる、信頼できる業者を見つけましょう。

TOP