高級住宅info.

  • 別荘にはガレージハウス!都心とは異なる間取りの使い方と気になる費用の相場

別荘にはガレージハウス!都心とは異なる間取りの使い方と気になる費用の相場

休日や季節ごとの休暇に、ゆっくりと過ごすためのセカンドハウスが別荘です。別荘の新築や購入には、ビルトインで駐車スペースが確保できるガレージハウスがおすすめ。

別荘地にガレージハウスを建てる際の坪単価に加え、人気のある間取り、メリット・デメリットを合わせて紹介いたします。

1.憧れの別荘を新築!ガレージハウスの気になる相場を公開

別荘でガレージハウスを新築するなら坪単価は60~80万円

海の見える丘、澄んだ空気の溢れる森林エリア、温泉地など、都心から2~4時間の範囲の別荘地にも、さまざまなデザインのガレージハウスが見られます。

こうしたエリアで、設計費を含めたこだわりのガレージハウスを新築オーダーメイドで建てると、坪単価は約60~80万円です。

坪単価を抑えたい!購入なら40~60万円

できるだけ費用を抑えて別荘を手に入れたいと思っているなら、完成したレディメイドの別荘を購入するのもおすすめです。

竣工済み、建売になっているガレージハウスであれば、費用を抑えながら別荘を購入することができます。この場合、購入価格の坪単価は40~60万円が相場です。

2.海や山のガレージハウス!都心とは異なる別荘の使い方

ガレージハウスなら愛車の保管も移動もお手軽に

別荘へ行く際、自家用車で出かける場合が多いでしょう。別荘にガレージハウスがおすすめの主な理由は、ガレージハウスなら愛車の保管も移動も負担が少なく、お手軽に済ませられることにあります。

また、別荘への移動は荷物の量が多いこともあります。車から荷物を下ろして運び入れることを考えると、車を降りて直接室内へ入れるのでこと、雨や雪でも濡れず荷物を運ぶ距離が短くて済むことは、大きなメリットとなるでしょう。

ガレージハウスの使い方は、愛車のためだけではない!

関東近郊の山岳エリアの別荘では、ほとんどの別荘やマンションに駐車場が備わっています。

ビルトインタイプの駐車スペースを持つ建物は、2000年ごろから増えました。降雪・積雪の多い地域では一般的だったガレージハウスの住宅スタイルが、他の地域やセカンドハウスの別荘でも見られるようになったのです。

ガレージハウスの有用性は、愛車や自家用車を天候から守れることだけではなくなっています。

来訪者の車の一時保管やプライバシーの確保などにもガレージハウスは効果的です。ときには、ワーキングスペース、ストックルームなどの屋外施設としても使えますし、車の保管・盗難防止なども含めて、セキュリティ対策としても優れています。

車を所有していなくてもガレージハウスがおすすめ!その理由とは?

都心とは違う楽しみ方ができる別荘。別荘の場所にもよりますが、別荘の使用開始時点で車を所有していなくても、ガレージハウスを購入する人もいます。また、車を運転しない、愛車では行かないという場合でも、別荘にはガレージハウスを検討する人が増えました。

これは、愛車の収容だけではなく、ガレージをもうひとつの部屋として使用することに関係しています。別荘地は海や山、温泉地などにあることが多く、屋外用のアイテムの収納場所として、ガレージのスペースは使い勝手がよいのです。

あえて2~3台分の駐車スペースを設け、空いたスペースにスキーやスノーボード、サーフボード、BBQセットなどをインテリアのようにディスプレイすることもできるでしょう。

3.別荘の購入前にチェックしたい!ガレージハウスの管理費と、設計施工会社の経験や実績

忘れたら損をする!別荘購入では「管理費」が必須

別荘を購入するにあたっては、使用頻度にかかわらず、「管理費」を考えることは大切です。オーナーが不在の期間の別荘は、費用を払って適切に管理してもらう必要があります。別荘の火災保険はもちろんのこと、土地や建物にかかる費用も必要です。
 
また、温泉付き物件を所有しようとすると、数十万円〜100万円程度の初期費用が必要になることもあります。購入翌年からは温泉費も支払わなければいけません。

海周辺地域のガレージハウスは経験あるアーネストアーキテクツにおまかせ!

海の見える別荘が理想でも、海に近ければ近いほど、愛車や車の保管には気を遣うもの。海辺のエリアに別荘を建てるなら、ビルトインの駐車スペース、つまりガレージハウスはおすすめです。

海の側では、台風時の海風や海水による被害のほか、潮風による塩害も予想以上に発生します。

サビにくいとされるステンレス(SUS316)であっても、塩の影響を受けるほどです。そのため、沿岸のエリアでは、景色がよく環境の整ったところでも、被害を想定した建築工法で建築することが大切です。

沿岸部での設計・施工経験があるアーネストアーキテクツは、被害を受けやすいエリアに別荘を建てる際のアドバイスも提供できます。

まとめ

頻繁に行く別荘でも、シーズンごとにしか行けない別荘でも、愛車の保管やさまざまな使用方法を考えると、ガレージハウスはおすすめの物件です。オーダーメイドの別荘なら坪単価60万円から、購入なら40万円からが相場です。

価格はもちろん大切ですが、場所や使い方も想定しながら、こだわりを持ってガレージハウスの別荘を手に入れましょう。

TOP