高級住宅info.

建築費は高目なRC造の注文住宅!価格を上回る価値とは?

RC造(鉄筋コンクリート造)はデザイナーズハウスや高級な注文住宅には欠かせない構造です。間取りの自由度の高さ、鉄筋コンクリートの機能性などのメリットを生かした家づくりにより、上質な住まいとなるのがその理由です。

RC造の注文住宅事例を見ながら、一般に建築費が木造住宅より高いと言われているRC造の価格を上回る価値や魅力は何かを探っていきましょう。

今人気の鉄筋コンクリート造の注文住宅!RC造とは?

RC造って何?RC造が高級注文住宅に採用される理由

注文住宅の計画をするときに最大の魅力は建物のデザインにこだわり、自分だけの素敵な家をつくりたいという事だと思います。

RC造は「Reinforced Concrete」の頭文字から来ており、鉄筋コンクリート造の事でRC、RC造といわれています。コンクリートの弱点を内部に鉄筋を入れることで補っています。工事現場で柱や壁の骨組みとなる鉄筋を組み、その周りを型枠といわれるベニヤ板などで囲み、その中にプラントで混合したコンクリートを流し込んで固めます。こうしてワンフロアずつ建物の形ができあがっていきます。

RC造はデザインの自由度が高く、大きな空間を構成しやすいという事、遮音性、耐火性に優れているなどのメリットがあるために自分だけのオリジナルデザインの家をつくりたいという高級注文住宅づくりに多く採用されている構造となっています。

機能性に優れたRC造の魅力

RC造の優れた機能の中に遮音性や耐火性があげられます。

遮音性は屋外への音漏れのしにくさ、屋外からの音の入りにくさ、上下階の音の伝わりにくさにつながります。音漏れは構造体だけで解決できる問題ではなく、サッシなどの開口部や換気扇などの開口にも大きく関係しますが、それでも構造体そのものの遮音性の高さを利用して、周りに気兼ねなくピアノを弾ける環境をつくったり、幹線道路近くの住宅外部からの遮音性を期待できます。上下階の音の伝わりは、RC造のマンションと木造アパートを想像すればわかりやすいと思います。

耐火性は特に災害時の周囲からの火災に対する備えとして建物が密集するエリアでのメリットは高いと言えます。

こうした機能性が高級注文住宅のニーズとマッチしてRC造が採用されやすい理由となっています。

割高といわれるのはなぜ?注文住宅のRC造の費用

ハウスメーカーのRC造の多くは工場で鉄筋コンクリートのパネルをつくり、工事現場でそれを組み立てます。その為、デザインや間取りに対する自由度は逆に低いのです。注文住宅では先ほどのように現場で鉄筋や型枠を組んでオリジナルの形を作っていくので、ハウスメーカーのRCと、注文住宅のRCとでは構造体が同じRCでも考え方が異なります。

注文住宅のRCの場合は現場での工事となるため、型枠や鉄筋を施工する職人の費用がかかり、またその為に工事期間も長くなります。つまり、工事費や間接経費が、木造や工場で作ったRCパネルよりかかるという事になります。またコンクリート自体の自重の大きさから基礎も木造より大きくする必要があったり、場合によっては地盤改良や杭などの工事が必要になります。これが一般的にRC造の建築費が高くなる主な理由です。

注文住宅ではオリジナルデザインとなるため、一般的な坪単価では建築費を出しにくいのですが、参考までに完全フルオーダーの高級注文住宅の坪単価は120万円~といわれています。費用の高さはその建物の耐用年数で割れば初期費用を上回る資産価値を持つともいえますので、耐用年数が長いRC造の建物は初期費用だけでなく孫子の世代まで考えた家づくりも大切ですね。

割高な建築費を上回るRC造の注文住宅の魅力。デザイン例3パターン

RC造の注文住宅のコスト高を上回る魅力は多々ありますが、なんといってもそのデザイン性でしょう。具体的にRC造の注文住宅のデザイン例を見てみましょう。

RC高級注文住宅の魅力1:大きな空間!

RC造の家の外観
2層吹抜の大空間を前後2面ともガラスで構成されているこちらの住まい。周囲を緑に囲まれた立地を生かし、大空間をガラス窓で構成しリビングに居てもまるで屋外の中にいるような解放感と居住性を両立させることができています。RC造の特徴である大空間をつくりやすいという好例でしょう。

また、RCの特徴として木造のような傾斜屋根を必要としない為、きれいな箱型の組み合わさった外観になっています。これもRC造で注文住宅をつくるときにデザイン性の高さを理由の一つに加える理由の一つです。

RC高級注文住宅の魅力2:自由な造形!

RC造の住宅の外観
こちらの事例はRCの外壁を3次元の曲線で構成しています。みかんの皮をむいた時のような型枠を現場で組んで、そこにコンクリートを流し込むことで、このような3次元曲線の造形ができました。このように自由に造形をつくることができるため、デザインにこだわった高級注文住宅で、RC造を採用するケースが多いと言えます。

RC造高級注文住宅の魅力3:コンクリート打放しのデザイン性!

RC造の家の内装
コンクリート打放しといわれるコンクリートの素材そのものの美しさを使ったデザインはモダンなデザインを好まれる人に高い人気があります。こちらの例では型枠にベニヤ板ではなく杉板を用いることで、美しい木目がコンクリートに転写され、無機質なコンクリートが逆に自然な柔らかさを持ちます。こういったある意味通好みのデザインはRC注文住宅ならではの魅力です。

これらの事例はRC造の注文住宅を多数手がけているアーネストアーキテクツという設計事務所のWEBサイトに掲載されている事例からお借りしました。他にも多数の事例が掲載されていますので、参考になるサイトだと思います。

アーネストアーキテクツの事例を見る

RCの注文住宅!検討時の注意点はこれ

デメリットは技術で解決できる!RC造のデメリットは?

RC造の注文住宅のデメリットは熱伝導率が高いことによる「夏は暑く、冬は寒い」というイメージです。

あえてイメージと言ったのは、そのイメージは断熱に対する意識の低かった一昔前のRC造のイメージから来ていることが多いためです。現代では住宅の断熱に対する意識は設計段階から重要視されているので、RC造の注文住宅の設計例が多い設計事務所であれば技術的に対処されていると考えてよいと思います。さらに大空間を持ったガラスで構成された住まいなどは、RCの断熱性能も大切ですが、空調や床暖房を使った室内環境コントロールの比重の方が大きいと言えます。つまり、RC造の注文住宅はその設計実例の多い会社を選ぶべきといえます。

RC造の注文住宅で気をつけたいもう一つの点。コンクリートはセメントが水と化学反応して硬くなります。つまり最初は水分を多量に含んでいるのです。

化学反応は最初に一気に進み、コンクリートが固くなります。一定の強度が出た時点で型枠などが外されますが、水分が完全になくなるまで数年かかります。新築から数年は湿気が出やすく特に空気の動きが少ない納戸や、使う頻度が少ない和室などはカビが生えやすい環境になります。その為、襖を開け放ったり、換気を十分に行うなど、住まい手側の除湿に対する注意も必要になります。

RC造は施工管理も重要

RC造の注文住宅はプラントで混合されたコンクリートを現場で流し込んで構造体をつくります。その為、作られた構造体の品質は現場での管理が鍵となります。

例えば、鉄筋の組み方は正しいか?太さはあっているか?コンクリートを流し込むときの気温や天候は?など、技術的にチェックしておくべき項目は多数あります。特に住宅では依頼者は素人ですので、技術的なことはわかりません。

だからこそ、しっかりとした施工技術と管理が重要になってきます。WEBサイトはある意味いくらでもきれいに魅力的に作れるので、実際の技術力をWEBサイトだけで判断する事はできません。実際の施工事例を見せてもらったり、どのような管理を行っているのか具体的に質問することで、施工実績と担当者の説明から信頼できる業者であるかどうかの判断をする必要があります。

まとめ

デザイン性が高く、さまざまな魅力があるRCの注文住宅。現場で作り上げる構造体だからこそ、設計実績の多い設計事務所と、確かな施工技術を持った施工会社選びが重要です。この記事によって、費用の高さを上回る価値ある注文住宅を手にするお手伝いができれば幸いです。

高級注文住宅を数多く手がけるアーネストアーキテクツ

  • ◆著名人・有名人の実績多数!

    ◆高級住宅約1000棟の実績!

    ◆テレビや雑誌の掲載多数!

    「おしゃれイズム」や「今あいつ何してる?」で紹介されたあの豪邸を手掛けた設計事務所です。

アーネストアーキテクツの詳細を見てみる

TOP