高級住宅info.

機能性抜群で光熱費もダウン!外断熱を取り入れた高級注文住宅

注文住宅を建築しようと考えたときに「外断熱」というワードに出会う方も多いともいます。外断熱って聞いたことがあるけど何?メリットやデメリットは?と思い、色々調べてわかったメリット、デメリット。

ここでは、こだわりの「高級注文住宅」を建築しようと考えている方むけに、概略をご紹介したいと思います。

外断熱と内断熱。そもそも断熱って?

こだわりの高級注文住宅の建築を検討している方にとっては、機能性も良い優れた住まいをと考えるのは当然です。断熱についても妥協できないですよね。

この記事では、住宅には断熱によって違いがあるなんて初めて知った!何となくは聞いたことがあるがあるけど、よく分からない。という方に断熱の基本をご紹介します。
疑問に思っている人

断熱の思想の違いによる「外断熱」と「内断熱」

住宅でいう断熱とは、簡単にいうと夏場、冬場の外気から室内を守り一定の温度を保つようにすることで、建物は木造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造などの基本的な構造によってつくられています。

室内の環境を外気の温度変化から守るために(快適にするために)どのような断熱を行うかには大きく2通りあり、構造体の外側(屋外側)に断熱材を入れるものを「外断熱」、構造体の内側(室内側)に断熱材を入れるものを「内断熱」といいます。

「外断熱」と「内断熱」その特徴と違いは?

専門的なことは多くの他のWEBサイトに書いてあるので、こちらでは省きます。

すごく簡単にいうと「外断熱」は建物全体を断熱材で外からくるむので、保温水筒のように内部の温かさ、冷たさを外部の保温材で守ります。

その為、住宅の場合は常に生活している室内の温度が構造体に伝わり一定の温度を保ちやすく、特に構造体が鉄筋コンクリートの場合は、熱伝導率の関係から一度一定の温度になるとその温度を保持しやすく、内部の室温の変化が少ない傾向にあります。これにより空調などによって室温をコントロースする度合いが低くて済む事になるので、光熱費が下がり、環境にやさしいと言われる理由です。

逆の「内断熱」は室内側の仕上げられている壁の裏側に断熱材があるので、外部の温度は構造体に伝わりやすく、構造体は外気の温度変化に影響を受けやすいことになります。室内は断熱されているので外断熱と同じように外気の温度変化は受けにくいのですが、温度変化を受けた構造体、特に屋根や、床を通して外気の温度変化が“外断熱に比べると”伝わりやすいと言えます。

つまり、簡単に言うと外気の温度変化から構造体を守る程度と、それが外部から室内に与える程度が違います。

外断熱と内断熱のメリットデメリットは?

内断熱のデメリットとして、気密性が劣る。室内結露の懸念。などを挙げるところもありますが、それは断熱工事だけで決まるものではありません。また、外断熱のデメリットとして工事費が高いという点。これも長い目で見れば、掛けた金額に見合う価値を見出せます。つまり、どこに価値を置くかによって判断基準は異なるという事になります。

どの断熱工法を選択してもメリット、デメリットはあり、しかも現在はそのデメリットを軽減させたり、克服するための工夫が双方の工法にあることです。大きなデメリットでないことをことさらデメリットのように伝えることは逆に検討している方を正しい判断から惑わせてしまいます。

WEBサイトの記事を見ていくと外断熱はこんなに優れている!あるいは内断熱だって負けていない!など、どちらが正しいのか分からなくなります。多くのWEBサイトなどで語られている外断熱、内断熱のメリット、デメリットはその通りですが、判断基準はそこではないということです。

外断熱、内断熱を決定するよりまず考えるべきこと

窓の方が熱損失は大きい

窓の方が壁より熱損失が大きいため、外壁から逃げる、あるいは内部に伝わる温度変化より窓から受ける温度変化の方が大きく、2層吹抜の大空間に床から天井までの大きな窓をつけた明るく開放的な家を希望する!という方には、まず窓ガラスの検討が先になります。逆に断熱効率を求めて環境にやさしく、温度変化の少ない家にしたいというならば、そのような大空間は断熱効率の効率面からは逆方向の要望になるといことです。

しかし、どちらも捨てがたいという方にはガラス性能、断熱、床暖房など多角的な検討が必要になります。それこそが、多機能なこだわりの高級注文住宅という事になります。

庭にある一脚の椅子

設計プランにより適した断熱方法がある

例えば、大きなバルコニーを持った家の場合、バルコニーを通して外気の熱は内部の構造体に伝わります。バルコニーを断熱材でくるむという事は(こだわれば別ですが)一般的ではないので、その部分では外断熱も内断熱も変わらないという事になります。

また、木造の外断熱は構造体の保温力は鉄筋コンクリート住宅より劣るため、外断熱の効果を最大限に得たいなら鉄筋コンクリート住宅の方が良いという考えもできます。鉄筋コンクリート造がよいか、木造がよいかは希望するプランや、予算によって変わるので、外断熱にするか、内断熱にするかは多方面の検討を経て決定すべきです。

空調や床暖房も含めて検討しないと意味がない。

住まいは、断熱だけで快適な生活ができるわけではありません。外断熱にして省エネルギーを考えたいという場合は高気密、高断熱化により、全館空調や換気システムにも気を配りたいところです。外断熱にして全館空調を入れれば、鉄筋コンクリート造の建物の場合、室内温度の変化は抑えられているので構造体の温度変化が少なく、その保温力もあり効率の良いシステムとなります。

しかし、生活スタイルが窓を開けて風を感じる生活が好きな方や、オープンテラスを叶えたいという要望は全館空調の効果は落ちます。保温力を考えた場合には、床の仕上げ材を自然石やタイルにすれば床暖房を入れたときの保温力は断熱により構造体を保温するより直接的な快適さを感じることができます。

つまり、仕上げ材や床暖房の有無、空調効率なども考えた計画が大切で、断熱方式だけを先行して選択することは危険です。

高級注文住宅の設計事務所選びは、技術力の評価が重要

断熱だけでは住宅の善し悪しは判断できない。

断熱にこだわることが無駄といっているわけではありません。断熱性能を最優先させることを希望されるのであれば、窓も小さく空間もあまり大きくない方が効率的です。

ですが多くの方、特に高級住宅を希望される方は断熱もデザインも両立させたいという希望をお持ちだと思います。大きな窓、全面ガラスの住宅を希望されるなら、そのような事例を多く手掛けている設計事務所に、断熱に対する考え方を質問してみてください。断熱材だけではなく、総合的なアドバイスを行ってくれる設計事務所が理想です。家づくりはトータルバランスが大切なのです。

こだわりこそが住まいの満足度を上げる。

注文住宅の満足度は、こだわりが快適さにつながり、それを体感したときに現れます。多くのこだわりがある高級注文住宅は、そのバランスを保つことでより快適さを感じ、高い満足度を感じることができます。どれかひとつが突出した特徴を持つと、バランスが崩れ快適な居住空間にはなりにくく全体的なデザイン性、機能性、快適性が求められますので、外断熱か内断熱かの選択もそのひとつと考えましょう。

まとめ

高級注文住宅で断熱方式の選択にはきちんとした情報が必要です。外断熱がすぐれていると判断し外断熱を選択するのか、内断熱でも問題ないかという選択には、断熱の方式のメリットデメリットだけではなく、そのほかのこだわりや要望、自分が快適に感じるのはどの部分なのかという点が重要です。

要望をきちんとヒアリングし、様々な角度から優先順位をつけて費用も含め検討提案してくれる設計事務所選びが重要です。この記事を参考に色々な設計事務所に率直に質問をぶつけてみましょう。

高級注文住宅を数多く手がけるアーネストアーキテクツ

  • ◆著名人・有名人の実績多数!

    ◆高級住宅約1000棟の実績!

    ◆テレビや雑誌の掲載多数!

    「おしゃれイズム」や「今あいつ何してる?」で紹介されたあの豪邸を手掛けた設計事務所です。

アーネストアーキテクツの詳細を見てみる

TOP