高級住宅info.

  • 憧れのコンクリート住宅!坪単価高めでも目指すはデザイナーズハウスや高級住宅

憧れのコンクリート住宅!坪単価高めでも目指すはデザイナーズハウスや高級住宅

高級住宅やデザイナーズハウスはデザインの自由度が高く、機能性にも優れている鉄筋コンクリートを構造体としたものが多く、鉄筋コンクリート造の魅力的な住宅が建てられています。

ここでは、コンクリート住宅の特徴や気になる坪単価を紹介していきます。

憧れのコンクリート住宅!平均的な坪単価は100万円から

鉄筋コンクリート造の住宅坪単価は、ハウスメーカーによる規格住宅から、フルオーダーの注文住宅などの違いによりさまざま。コンクリート住宅の坪単価と他の構造との坪単価が異なる理由を見ていきましょう。

コンクリート住宅と一口にいっても坪単価には開きがある

鉄筋コンクリート造の住宅といっても、二通りあります。

一つは、コンクリートの構造体を工場で作って現場で組み立てる型式です。ハウスメーカーが提供している鉄筋コンクリート造の住宅はこの形式と考えてよいでしょう。ハウスメーカーは規格化することでコストダウンと製品の質の安定性を確保しています。

もう一つは工事現場でコンクリートを流し込みコンクリートの構造体をつくる形式です。フルオーダーの注文住宅などで採用される方法です。当然規格化された工場生産のコンクリートを組み立てる型式の方が安く、現場で施工するコンクリートの方が高くなります。

フルオーダーのデザイナーズハウスや、高級住宅を考えるなら後者になるので、その場合の坪単価は100万円以上になり高級注文住宅の場合には120万円以上かかります。

木造住宅と鉄筋コンクリート住宅の坪単価の違いはなに?

木造住宅の場合、坪単価は鉄筋コンクリート住宅より割安になります。その理由を考える前に坪単価には何が入っているかを知る必要があります。坪単価は建物本体の建築費を床面積で割った数値ですが、その建築費にはコンクリートの費用だけでなく、他の資材の費用、施工費用、仮設費用など様々な費用が含まれています。

では、木造住宅と鉄筋コンクリート住宅の坪単価の違いに現れてくるものは何でしょうか。

簡単にいくつかピックアップすると、鉄筋コンクリート造の方が工事に要する工期が長く、その分工事業者の管理費用や仮設費用などが高くなります。建物の重量も重いため、建物の基礎は木造より堅牢になります。

また、サッシなども量産された木造用サッシではなく、鉄筋コンクリート用のサッシが必要です。鉄筋コンクリートそのものの費用だけでなく、その他の費用も木造とは異なるため坪単価が上がるというわけです。

坪単価も気になるけどコンクリート住宅のメリットを知りたい

坪単価が木造住宅より高めの鉄筋コンクリート住宅ですが、その費用を上回るメリットは何でしょうか。それを見ていきましょう。

コンクリートの耐用年数の長さ。次の世代まで考えた資産づくり

コンクリート住宅はその耐用年数が木造より長い事が特徴です。具体的な数値の比較はどの数値をもって比較するか?というマニアックな議論になるので割愛します。興味のある方は調べてみてください。

コンクリート住宅は一般的に70年~100年もつと言われています。その為、自分たちの世代だけでなく孫子の世代までその資産を残すことができます。

そう考えると建築時の坪単価はそれほど高いものではないと考えることもできます。(70年~100年もつといっても、適切なメンテナンスあっての事であり、さらに防水や住宅設備機器、内部の仕上げ材の寿命はそれよりはるかに早く訪れますからリフォームは必須です。新築時のまま住み続けられるという事ではありません。)

コンクリート住宅はデザイン自由度が高い

鉄筋コンクリート造の建物の方が大空間や、曲線を持った外観も作りやすくデザインの自由度が高いのが特徴です。大きなガレージ、2層吹抜の大空間を持ったリビングダイニングなどのあるデザイナーズハウスや高級注文住宅に鉄筋コンクリート造の採用例が多いのはこのためです。

また、鉄筋コンクリート造の建物は屋根がフラットになる(陸屋根といいます。)ので一般的な木造住宅のように傾斜屋根が外観デザインにないため、これもデザイン性が高いと言われる理由のひとつです。

防音性、耐火性も優れたコンクリート住宅

コンクリート住宅は防音性、耐火性にも優れています。これはコンクリートと木という素材そのものに着目した観点からの比較です。

しかし、防音性は窓(サッシ)や換気扇からの音漏れ対策が重要ですし、耐火性能は室内からの火事なのか、外部からのもらい火対策なのかによっても判断は分かれます。近年では木造住宅でも防音性、耐火性の高い建物はできていますので、そこまで大きな違いではないかもしれません。オーディオルームや、音楽室などの希望があれば、比較的鉄筋コンクリート造の方が対策しやすいという事なので、隣接建物が近く、近所への音漏れが気になる、あるいは災害時に近所から出火した場合が心配という事が重要であればコンクリート住宅の方がメリットを生かせると言えます。

コンクリート住宅計画時の注意ポイント!

工事現場で会議をする

コンクリート住宅の設計会社、施工会社選びのポイント

こだわりの注文住宅を鉄筋コンクリートで計画する場合、デザイン力の高い設計会社に依頼するのは当然ですが、さらにコンクリート住宅の場合、施工段階での品質管理が重要になります。

コンクリートを流し込む作業を打設といいますが、コンクリート打設時の天候(気温、湿度)によってもコンクリートは影響を受けます。また、そのコンクリートの配合なども大切で、きちんと設計事務所が指示したコンクリートが打設されているか、コンクリートの強度がでているかなど、コンクリート検査をクライアントに代わりプロの目で見てチェックをしてくれる設計事務所は設計時のデザインだけではなく、現場の監理という意味でも重要な役目を持っています。

そのため、コンクリート住宅の設計監理に慣れている技術力の高い会社選びが大切という事になります。また、施工会社によっては、木造のみの経験だったり、コンクリート住宅の施工に不慣れな会社もあります。施工会社もコンクリート住宅に長けた会社選びが重要です。

リフォームの事も考えて計画する

コンクリート住宅は内外の仕上げ材や下地材を全て取り払って構造体をむき出しにして、新たに内外の仕上げを施すなどのフルリフォームができます。ただ、部屋の間仕切りが構造上重要な壁となっていると撤去することができません。

将来の可変性を考えて、この壁は取れるようにしておこうなど、ある程度想定できるものは計画しておいた方が良いでしょう。また、屋上の防水などは定期的にメンテナンスをする必要があります。

設計事務所の中にはリフォームにも力を入れているところがありますので、そういった設計会社も検討のポイントとなります。もし、コンクリート住宅を建て替えるか、リフォームするかで迷われている場合は、選択もアドバイスできるので、大きな力になるはずです。

コンクリート住宅のリフォームも行える設計事務所はこちら

まとめ

コンクリート住宅の坪単価は100万円から。デザイナーズハウスや、高級注文住宅になると120万円以上となります。建築初期費用は木造住宅より高くなりますが耐用年数が長く、長い目で見れば資産価値のあるコンクリート住宅は、デザイン性だけでなくその後の施工監理なども重要。施工監理体制の整っている設計事務所を選ぶことが重要です。

アーネストアーキテクツ

こちらのサイトではコンクリート住宅の設計事例が多く、監理もしっかりしていると定評があります。監理体制がしっかりなされ、コンクリート住宅の設計経験が豊富にある設計事務所に絞って検討することで、デザイン性の高い安心、安全なコンクリート住宅を手にすることができるはずです。

TOP