高級住宅info.

  • 憧れのコンクリート住宅!坪単価高めでも目指すはデザイナーズハウスや高級住宅

憧れのコンクリート住宅!坪単価高めでも目指すはデザイナーズハウスや高級住宅

高級住宅やデザイナーズハウスにも採用される構造のひとつ「鉄筋コンクリート造」の家づくり。機能性が高く大空間をつくれるため、コンクリートによって数々の魅力のある優良物件が建てられています。

ここでは、コンクリート住宅の気になる坪単価や特徴を紹介していきます。

1.憧れのコンクリート住宅!平均的な坪単価は約60万円~120万円

オンリーワンの住宅設計に、デザイン性や機能性を加えてでき上がっていくマイホーム。個性的な家を建てたり、魅力的な大空間をつくったりするには、RC造、つまり鉄筋コンクリート造にすることがおすすめです。

気になるコンクリート住宅の坪単価やコンクリート造の住宅の特徴を知っておくと、家づくりに役立ちます。

平均的な坪単価が60〜120万円!コンクリート造の住宅の特徴

コンクリート住宅は、ゆとりのある空間をつくれる設計・施工が特徴の建築工法です。希望のデザインに合わせることができるフルオーダーの家づくりができます。

コンクリート住宅の平均的な坪単価は、約60万円~120万円です。坪単価だけを見ると高く感じるため、木造住宅に注目してしまいがち。しかし、自由なスタイルに加え、耐久性も高い家を建てることができるコンクリート造の住宅は、価格には代えられない魅力があります。

鉄筋コンクリート造(RC造)は、法定耐用年数が47年と定められています。しかし、建築技術の高い日本では、メンテナンス次第で約100年までもたせることも可能になってきました。

ですから、坪単価が高めだとしても、耐用年数を考えて長い目で見るとと価値の高い家となるのです。

「コンクリート造VS木造」住宅坪単価から見る構造や工事の違い

住宅は同じような造りをしていても、工事・施工期間、基礎工事や建て方、仕上げなどが変わることで、坪単価も大きく変動します。

コンクリート住宅は、6~8か月かかる工事で坪単価が約60万円~120万円です。一方、木造の場合は3~4か月で約30万~50万円の坪単価が目安とされています。

工事期間が約半分で済む木造の住宅は、コストもコンクリート造の家よりも抑えることが可能です。しかし、木造住宅の法定耐用年数は22年。技術の進歩により30年ほどに伸ばせるとしても、場合によっては100年もつコンクリート造の半分以下です。

つまり、耐用年数から計算すると、コンクリート造のほうが安いことになるのです。

2.コンクリート住宅は購入?それとも設計から?

設計から家づくり。フルオーダーのコンクリート住宅の坪単価に含まれるもの

設計事務所やハウスメーカーに依頼するオーダーメイドの家。設計事務所やハウスメーカーとの打ち合わせで、希望のデザインや住みたいと思う家のイメージを伝えるところから始まります。

敷地内にかかわるすべての工事、つまり外装・内装・エクステリア・インテリアもすべてフルオーダーが可能。オリジナルのデザインで、広いリビングや開放感のあるカーテンウォール、高さのある吹き抜けなどの大きな空間など、自由につくり上げることができます。

さらに、ビルトインの駐車スペースや中庭なども、満足度の高いものに仕上げることができるでしょう。

購入なら抑えられる坪単価。ライフスタイルに合った家選びを

坪単価の予算を設定している場合には、すでに建築工事が完了しているレディメイドの家を購入することもできます。気に入ったデザインの家、必要とする機能を持つ住宅があれば、購入を検討するとよいでしょう。

設計事務所やハウスメーカーの情報をもとに、オリジナルほどの空間は期待できなくても、ライフスタイルに合わせた住宅選びができます。

3.坪単価も気になるけれどコンクリート住宅のメリットを知りたい!

防音性、耐火性も優れた家づくり!コンクリート住宅は機能が高い!

機能や構造の柔軟性の高さもコンクリート住宅が注目される理由です。坪単価は高めながら、耐久性が高く安心感がある、価値ある家づくりができます。

機能を重視した家づくりができるのもポイントです。コンクリート住宅では、防音性、耐火性などを高めた構造が可能。そのため、スタジオ付きハウスや趣味のシアタールームなども備えた住宅づくりができるでしょう。

坪単価高め!でもコンクリート住宅は「デザインが思いのままになる」!

コンクリート住宅のメリットを一言でまとめるなら「ゆとり」に言い換えられます。鉄筋コンクリート造(RC造)は、デザイン性が自由で壁や天井を自由に構築できるのが特徴です。

そのため、リビングやダイニングの広さだけではなく、ホワイエなども高さや広さを維持することが可能。

家に足を踏み入れたときからゆとりのある空間を持つ、魅力的な家がつくれます。

高級住宅の中でも鉄筋コンクリート造(RC造)は、デザイン性の高さが持ち味。デザイナーズハウスなどにはぴったりの構造です。

4.コンクリート住宅を知り尽くした設計事務所や施工会社による家づくり

コンクリート造のメリットを充分に活かすためにも、設計事務所や施工会社との打ち合わせで希望をしっかりと伝え、プランニングを進めましょう。

ここが気になる!コンクリート住宅は施工業者選びがポイント

施工業者の技術のレベルが、デメリットにもなりかねないコンクリート住宅。施工する業者の技術次第で、仕上がりのよし悪しが決まってしまいます。

さらに、ハイレベルな技術を持つ施工業者でも、コールドジョイント(打設済みのコンクリートとこれから打設するコンクリートの継ぎ目の不一致)の処理などが課題になることもあります。

また、コンクリート造の構造上、結露によるカビの発生や汚れが目立ちやすいというデメリットも挙げられます。

新築で工事を計画するなら、しっかりとしたデメリット対策が可能な業者に、設計・施工を依頼するのがおすすめです。

構造・デザイン優良物件なら「アーネストアーキテクツ」へ

コンクリート住宅のメリットを最大限に活かすことができれば、理想に限りなく近づけた家づくりが目指せます。

しかし、どんなに特徴のあるデザインや機能的な構造にしても、デメリットは存在します。デメリットの回避や解決のアイデアを得るためには、信頼できる建築会社に相談をするのが近道です。
 
アーネストアーキテクツは、コンクリート住宅施工の実績が豊富で、信頼に足る技術力も備える、高級注文住宅専門の会社です。不安や疑問を問い合わせれば、丁寧に、満足いく回答をしてくれるでしょう。

まとめ

コンクリート住宅の坪単価は、60~120万円が目安です。費用が高めに感じても、耐用年数や機能性を考えれば、費用以上の価値があることが分かるでしょう。

デザインの柔軟性も高いため、ゆとりと機能性、オリジナリティを兼ね備えた、魅力的な家づくりが可能です。

TOP