高級住宅info.

注文住宅でつくる地下室の事例3つ&建築依頼のポイントと費用相場

「注文住宅の地下室の事例が見てみたい」
「地下室の建築はいくらかかるの?」

音漏れを気にせず楽しむ音楽ルームやシネマルーム、ゴルフの打放しやホームジム、コレクションを展示する趣味の書斎など、自分の趣味を楽しむためのスペースとして人気の地下室。

注文住宅で地下室を作るなら、まずは建築にかかる費用相場や事例を見てイメージを持っておきたいところです。

この記事では、注文住宅による地下室の事例の紹介をはじめ、地下室を建設する際の相場や建築を依頼する際のポイントを紹介しています。

1.注文住宅でつくる地下室の事例3つ

事例1:シアタールームとして活かす地下室

地下室にシアタールーム
地下室の特徴は外部への音漏れが少ないという事でしょう。そのメリットを生かして、シアタールームを地下に設けるという人は少なくありません。

プロジェクターで投影する大スクリーンを設け、家族や友人たちだけで映画楽しむというのは贅沢ですね。近年はWEBを通して新しい映画が見られるので、自宅にシアタールームがあれば映画館に行かなくても臨場感あふれる映画をプライベートで楽しむことができます。

また、座席もソファーにしたり、ミニバーを設けたり映画館以上のリラックス空間も楽しめます。防音、音響にも配慮してあるので映画以外にもカラオケや、ギターやバイオリンの演奏など音楽室を兼用することもできます。地下室は家族みんなで楽しむ空間にぴったりなんです。
シアタールームの事例はこちら

事例2:ゴルフ練習、ホームジムからプールまで

地下室でゴルフ練習
ゴルフが趣味。でも練習に行っている暇がないという方には、少し高めの天井の地下室にすることで、ゴルフ練習スペースにもなります。スクリーンにゴルフコースを投影するシュミレーションシステムを入れれば、最近はやりのゴルフバーに早変わり。友人たちを招いての趣味の時間を楽しめます。

仕事が忙しくてスポーツジムに行っている暇がない方は、壁面ミラーを設けたトレーニングジムをつくったり、地下にプールだって作れます。プールサイドにジャグジーを設ければ、リゾートの雰囲気も楽しめます。地下室の提案に慣れた設計事務所なら、地下室のイメージを一新する提案で地下室の魅力を引き出してくれるはずです。
ホームジムの事例はこちら
プールの事例はこちら

事例3:現実的な用途としてのガレージや、パーティースペースまで

地下室にパーティスペース
大空間がほしい、でも地上のフロアをそれで取ってしまってはもったいない。そういったスペースを地下室に持っていく事があります。

ガレージは車の台数によっては、地下にもっていった方が良い場合があります。もちろん車のアプローチの為の広い敷地が必要ですが、それでも4台、5台といった台数を地上のスペースにとってしまうのはもったいない場合は地下を使うという方法も検討できます。

また、普段はあまり使わないけれど、仕事の関係や友人たちを招いてのパーティーが多いという方は、地上のファミリーエリアをそのままにして、地下にパーティースペースやバーコーナーなどを設けることで、家族のプライバシーも確保しながら来客に驚きと豊かなスペースを提供できます。

2.注文住宅でつくる地下室の費用相場

地下室をつくるには、地上にその部屋をつくる費用以外に、“土を掘るための費用”と“設備の設置費用”の大きく2つの費用がかかります。

土を掘るための費用は、地盤が道路より高いところにあり、横方向に掘るのか、それとも、地盤が道路とフラットな土地に垂直に地面を掘っていくのかによっても異なります。

次に設備の設置費用ですが、地下は地面の中に埋まっており常に水分にさらされているため、防水工事のための費用がかかります。また、地下にトイレや手洗いを設けた場合には、汚水を排出するための排水ピットと排水ポンプなどの設備設置が必要になります。

逆に地下室の用途が納戸(物置部屋)の場合には、内装の仕上げも簡素でよいですし、設備的にも大きなものはかかりません。

ただし、地下室建設の相場は立地条件など、様々な条件によって左右されるため、決まった相場というものはありません。信頼できる設計事務所に相談し、概ねの予算感から地下室の利用を検討し、詳細な見積が出たら内容をよく説明してもらうとよいでしょう。

3.地下室の設計依頼ポイント2つ&実績豊富な設計業者

地下室の設計を業者に依頼する際のポイント2つ

地下室の設計を業者に依頼する際のポイントは、“採光・換気の確保”と“設計事務所の設計実績”の大きく2つです。それぞれ具体的に見ていきましょう。

(1)採光・換気の確保

趣味の空間といえども光や外気が全く入らない部屋は映画館のような部屋以外では息苦しく感じてしまう事もあります。そのため、地下室の設計では採光と換気環境の確保が重要です。

採光を確保する方法としては、天窓を設けたり、建物の外壁に沿って地面を掘り下げて作るドライエリア(から掘りともいう)を設けて、そこに窓をつける方法があります。

ドライエリアの窓を開ければ、換気や除湿をすることも可能です。設備を適切に検討すれば地下でも地上と同等の居住環境が得られるばかりでなく、冬は暖かく夏は涼しい空間となる事もあります。

しかし、地下室に水回りを設ける場合や雨水対策として、建てた後の排水設備のメンテナンスが必要になるケースがあります。地下室の設計に慣れた業者であれば、きちんと配慮した提案と説明をしてくれます。

(2)設計事務所の設計実績

地下室のある家の建築は、設計や施工が難しいため、実績豊富な設計事務所に依頼するのが重要です。

地下室の設計が豊富な設計事務所を見極める方法としては、施工例チェックが第一条件です。希望するような設計を多く手掛けているかどうかを見てみましょう。

また、気になる設計事務所に、地下室の事例でプールがあるかどうかを確認してみるのもおすすめです。地下は湿気対策が重要になるので、その地下室にプールをつくった実績は、常に多湿で防水に留意の必要なプールをつくる設計力と技術力があるということを示しています。

地下室の実績が豊富な設計業者

地下室のある家は、通常の家の設計・建築より注意しなければならないことも事実です。

ハウスメーカーでも地下室を利用したプランを依頼することはできます。しかし、ハウスメーカーは規格化された効率の良い住宅建築を得意としているため、地下室の設計や施工には慣れていないことが多いのです。また、小規模な住宅を得意としている設計事務所はやはり地下室の設計には慣れていません。

そこで、チェックしておくべき設計事務所が、大規模な住宅の地下室を設計しており、事例を豊富に揃えているアーネストアーキテクツです。

以下のサイトから注文住宅での設計事例を見ることができます。また、見学会や相談会も開催しているため、実際に足を運んで見るのもよいでしょう。

高級注文住宅を数多く手がけるアーネストアーキテクツ

  • ◆著名人・有名人の実績多数!

    ◆高級住宅約1000棟の実績!

    ◆テレビや雑誌の掲載多数!

    「おしゃれイズム」や「今あいつ何してる?」で紹介されたあの豪邸を手掛けた設計事務所です。

アーネストアーキテクツの詳細を見てみる

まとめ|注文住宅で地下室をつくるなら設計実績が豊富な業者を選ぼう

最後にこの記事で紹介した内容をおさらいしましょう。

  • 地下室の設計費用と相場
  • ・地下室の設計は、土を掘るための費用と設備の設置費用がかかる
    ・相場は立地条件等の条件によって左右されるため、決まった相場はない

  • 設計を依頼するときのポイント
  • ・地下室の設計は採光と換気と除湿環境を確保する
    ・地下室な設計実績が豊富な設計事務所を見極める

地下室をつくる場合の費用は地下室を何に使うのか、どうやって使うのか、どのような土地形状で地下をつくるのかなどによって異なるため、一概には言えません。

コストがかかる地下室ですが、その費用をおぎなって余りある魅力的な空間になる可能性があります。地下室は特殊な条件下の為に設計、施工には十分実績のある依頼先を選びたいですね。

注文住宅についてもっと知りたい方は、こちらの記事もおすすめです。
【関連ページ一覧】
理想の注文住宅実現のための失敗しない業者選びのポイント
建築費は高目なRC造の注文住宅!価格を上回る価値とは?

TOP