高級住宅info.

注文住宅のこだわり必須ポイント3つ&失敗しない設計会社の選び方

注文住宅を建てようと検討したとき、気になるのは「快適に暮らせる家にするためにはどこにこだわるべきか」ということ。

生活動線として使い勝手のよい間取りや調理のしやすいキッチンなど、こだわりたいポイントは多々ありますが、予算の範囲内で建築するにあたって、特にこだわっておくべきポイントを知っておくのは大切です。

ここでは、注文住宅で快適に暮らせる家にするために、特にこだわりたい3つのポイントとこだわりをしっかり反映させるための設計会社の選び方について紹介します。

注文住宅で特にこだわりたい3つのポイント「間取り・キッチン・収納」

注文住宅で特にこだわっておくべきポイントは、間取り・キッチン・収納の3つになります。下記で具体的に説明していきます。

ポイント1.注文住宅でもっともこだわりたいのは“間取り”

注文住宅を建てた、あるいはこれから建てようと思っている人が一番こだわりたいと思われているのが「間取り」です。ライフスタイルに合わせて自由に間取りが決められる点は、注文住宅を建てる醍醐味といってもよいでしょう。

例えば、家の中でもっとも過ごす時間が長いリビングは、ゆったり過ごせる空間にしたい部屋。「天井はゆとりをもたせて高めに」「明るさや開放感を確保するために窓も大きく取りたい」「壁紙や床材を厳選したい」など、細部にわたってこだわりたいという意見が多いところです。

間取りを考える際のポイントは、敷地条件や子どもが独立した後の家族構成なども考慮して、部屋数や生活動線を考えることです。

ポイント2.注文住宅で女性のこだわりを生かすべき“キッチン”

女性の過ごす時間が長くなるキッチンは、種類やデザインも豊富にあるため、やはり女性の意見を多く取り入れてこだわりを反映させたいところです。

例えば、「簡単な食事も取れるスペースが欲しい」「家族とのコミュニケーションを図りたい」「作業スペースを重視したい。収納を重視したい」など。求めるもので自然と適したキッチンが導かれると思います。

もちろん注文住宅ですから以下のようなキッチンの種類やデザイン、また、機能性にもこだわりたいです。

  • アイランドキッチン:壁に接する面のないオープンキッチンの代名詞
  • ペニンシュラ:片側が壁に接していて間取りの制約を受けづらい
  • L字型キッチン:効率的に料理をしたい人向けで作業スペースが広い

また注文住宅を建てる際には平面で考えてしまいがちですが、ショールームなどへ足を運んで実物に触れ、幅や高さなどを含めた立体的なイメージを持つことも大切です。

キッチンだけにとどまらず、リビングやダイニング、サニタリーとの位置関係など、動線を含めて検討しましょう。

ポイント3.すっきりと見える部屋づくりのための“収納”

収納を多く取り、すっきりと片付いた家で快適に暮らしたいという声は多いものです。しかし、中には収納を広く取りすぎて奥からものを取り出しづらかったり、使用したいときにすぐ出てこなかったりというケースもあります。

収納を考える際のポイントは、日常的に使うもの、季節的にしか使わないものなどを仕分けし、生活動線を考えたうえで、場所や広さの確保が必要になります。

間取りとの兼ね合いもあるため、空間に合わせて検討する必要があります。

また、最近の高級注文住宅で取り入れられているのは「見せる収納」です。海外ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」の主人公、キャリーのクローゼットと言えばわかる方も多いでしょうか。

洋服やバッグなどを収納するだけのスペースではなく、まるでショップのように美しく陳列された空間は、身支度という日常に高揚感を与えてくれる特別な場所になります。収納スペースをガラスで仕切るなど、オープンにしていることもあり、部屋が広く見えるという利点もあります。

「見せる収納」の実例はこちらから

注文住宅で併せてこだわりたいポイント「性能・材料や素材・採光や風通し」

性能
家族を守り、長く住み続けるためには、建物の性能にもこだわりたいところです。

例えば、地震の揺れに対して耐える造りの「耐震性」と揺れを伝えにくくする造りの「免震性」のどちらを軸に考えた設計にするのかといった点や火災に耐える「耐火性」などは、こだわりたいポイントとして重要です。

また、「断熱性」にこだわることで、夏は涼しく冬は暖かい住空間となり、冷暖房等の省エネにもつながります。

材料や素材
注文住宅では、外からみた外観も理想のデザインに仕上げたいところです。

ですが、デザインばかりこだわってしまうと汚れの洗浄や劣化に対するメンテナンス費用がかさむため、機能性や耐久性に優れた材料や素材にもこだわりましょう

また、外壁だけでなく、内装には無垢材などの自然素材を使って落ち着きのある雰囲気を演出したり、耐久性や強度を高めるためにコンクリートを使用するのも良いでしょう。

採光や風通し
太陽光の入らない薄暗い部屋では、雰囲気が暗くなってしまうため、採光を確保できるかどうかもこだわりポイントです。検討時は窓の位置や間取りをはじめ、周辺環境なども考慮した造りにする必要があります。

また、採光と同時に風通しの良さを考慮した造りにすることで、心地よい風が通り抜けるだけでなく、湿気対策にもなります。

経験者から学ぶ!注文住宅のこだわりはブログも参考にしよう!

ブログチェックをする夫婦

家づくりのプロが発信するブログをチェックする

家づくりに迷ったときには、設計会社やハウスメーカー、工務店、建築士といったプロが発信するブログや、ホームページを参考にしてみましょう。施工事例の画像のほか、これまで建築した事例の中でもおすすめのもの、お客様の声、プロだからこそ知る知識などが書かれています。

快適に暮らせる注文住宅を建てるのにもっとも大切なのは、自らのライフスタイルに合っていることです。とはいえ、注文住宅へのこだわりを整理するためには、比較や検討の材料となる知識を、ある程度持たなくてはなりません。

多くの事例を写真なども見ながらイメージし、他の人が何にどうこだわったのかなど、情報を収集することも重要です。

家づくりに詳しいのは設計士だけではない

こだわりを整理するために参考にすべきなのは、プロの意見だけではありません。すでに注文住宅を建てた人の体験談など、赤裸々に語られるブログから思いもよらないヒントをもらえることもあります。

注文住宅を建てようとするとき、主に参考にするのは担当してくれるハウスメーカーや設計事務所の営業や設計士の言葉です。相手はプロですから、すすめられたことをそのまま反映した家づくりももちろんできます。

しかし、多くの人の意見を取捨選択し、こだわりを持って家づくりに臨むほうが納得できるものになるのではないでしょうか。

注文住宅で失敗しないための設計会社の選び方

完全自由設計が可能な設計会社を選ぶ

設計会社と一口にいっても、ハウスメーカー・建設会社や工務店の設計部門・アトリエ系の設計事務所・組織設計の設計事務所など種類があります。

その中でも分譲住宅や建売住宅をメインに設計しているところもあれば、完全自由設計で一軒ずつオリジナルのものを設計しているところもあります。基本プランを提示され、オプションで設計変更することを注文住宅といっているケースもあるため、その点は注意が必要です。

住居者のイメージに近い実例を手がけている設計会社

どのような建物を建てたいかというイメージにマッチしている実例を多く手掛けているかも重要です。実際に完全自由設計が可能な設計会社の公式ホームページで、設計事例の画像を見たり、カタログを請求したりするとよいでしょう。また、会社組織として信頼できるかどうかといった点にも目を配りましょう。

上質な家をつくるなら高級住宅専門の会社を選ぶ

設計会社にはそれぞれ得意分野があります。上質な家をつくりたいと考えるならば、アーネストアーキテクツのような高級住宅を専門に行っている設計会社を選ぶことをおすすめします。

高級住宅は一般住宅とは求められる質が異なるため、上質なものを知るお客様の要望に対してもより多くの知識や高い技術力を持った提案をしてくれます

具体的にこうしてほしいという要望を出すことができなくても、イメージを伝えるだけでお客様のライフスタイルに合った空間を設計してくれます。

細部までこだわった丁寧な家づくりは、完成する家もグレード感が異なる上質な仕上がりになり、一般的な住宅とは一線を画す快適に暮らすことができるはずです。

まとめ

注文住宅でこだわりたい3つのポイントと失敗しない設計会社の選び方について解説してきました。
最後にそのポイントをおさらいしましょう。

  • 注文住宅を建てる際に、特にこだわりたい場所として挙げられることが多いのは「間取り」「キッチン」「収納」
  • 併せてこだわりたいポイントは「性能」「材料や素材」「採光や風通し」
  • 設計会社選びは、高級注文住宅専門や完全自由設計ができる会社、また、完成イメージに近い実例を手がけている会社が良い

また、それぞれどのようにこだわればよいのかは、設計士や注文住宅を建てた経験者のブログが参考になります。

高級注文住宅を数多く手がけるアーネストアーキテクツ

  • ◆著名人・有名人の実績多数!

    ◆高級住宅約1000棟の実績!

    ◆テレビや雑誌の掲載多数!

    「おしゃれイズム」や「今あいつ何してる?」で紹介されたあの豪邸を手掛けた設計事務所です。

アーネストアーキテクツの詳細を見てみる

この情報が役に立ったという方は以下の記事もおすすめです。

TOP