高級住宅info.

注文住宅のこだわりポイント3つ&失敗しない設計会社の選び方

「こんな作りになる予定ではなかったと後悔したくない」
「快適に暮らせる家にするためにはどこにこだわるべき?」

生活動線として使い勝手のよい間取りや調理のしやすいキッチンなど、こだわりたいポイントは多々ありますが、予算の範囲内で建築するにあたって、特にこだわっておくべきポイントを情報収集することが大切です。

ここでは、注文住宅で快適に暮らせる家にするために、特にこだわりたい3つのポイントとこだわりをしっかり反映させるための設計会社の選び方について紹介します。

注文住宅で特にこだわりたい3つのポイント「間取り・キッチン・収納」

注文住宅で特にこだわっておきたいポイントは、間取り・キッチン・収納の3つになります。下記で具体的に説明していきます。

ポイント1.注文住宅でもっともこだわりたいのは“間取り”

plan model
注文住宅を建てた、あるいはこれから建てようと思っている人が一番こだわりたいと思われているのが「間取り」です。

例えば、家の中でもっとも過ごす時間が長いリビングは、ゆったり過ごせる空間にしたい部屋です。「天井はゆとりをもたせて高めにしてオシャレにしたい」「子供部屋は明るさや開放感を確保するために窓も大きく取りたい」「壁紙や床材や色を厳選したい」などの意見が多いようです。

間取りを考える際には敷地条件や子どもが独立した後の家族構成なども考慮して、部屋数や生活動線を考えることがポイントです。

ポイント2.注文住宅で女性のこだわりを生かすべき“キッチン”

kitchen
女性の過ごす時間が長くなるキッチンは、種類やデザインも豊富にあるため、やはり女性の意見を多く取り入れてこだわりを反映させたいところです。

色んな機能をすべて併せ持つことは難しいので「どの機能を一番重視したキッチンにしたいか」を決めておくことが大切です。

例えば、「簡単な食事も取れるスペースが欲しい」「家族とのコミュニケーションを図りたい」「作業スペースを重視したい。収納を重視したい」など、求めるもので自然と適したキッチンが導かれると思います。

もちろん注文住宅ですから以下のようなキッチンの種類やデザイン、また、機能性にもこだわりたいです。

  • アイランドキッチン:壁に接する面のないオープンキッチンの代名詞
  • ペニンシュラ:片側が壁に接していて間取りの制約を受けづらい
  • L字型キッチン:効率的に料理をしたい人向けで作業スペースが広い

また注文住宅を建てる際には平面で考えてしまいがちですが、ショールームなどへ足を運んで実物に触れ、幅や高さなどを含めた立体的なイメージを持つことも大切です。

キッチンだけにとどまらず、リビングやダイニング、サニタリーとの位置関係など、動線を含めて検討しましょう。

ポイント3.すっきりと見える部屋づくりのための“収納”

space
収納を多く取り、すっきりと片付いた家で快適に暮らしたいという声は多いです。

しかし、中には収納を広く取りすぎて奥からものを取り出しづらかったり、使用したいときにすぐ出せなかったりというケースもあります。

収納を考える際のポイントは、日常的に使うもの、季節的にしか使わないものなどを仕分けし、生活動線を考えたうえで、場所や広さの確保が必要になることです。間取りとの兼ね合いもあるため、空間に合わせて検討する必要があります。

また、最近の高級注文住宅で取り入れられているのは「見せる収納」です。海外ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」の主人公、キャリーのクローゼットと言えばわかる方も多いでしょうか。

洋服やバッグなどを収納するだけのスペースではなく、まるでショップのように美しく陳列された空間は、身支度という日常に高揚感を与えてくれる特別な場所になります。収納スペースをガラスで仕切るなど、オープンにしていることもあり、部屋が広く見えるという利点もあります。
「見せる収納」の実例はこちらから

注文住宅で併せてこだわりたいポイント「性能・材料や素材・採光や風通し」

注文住宅で併せてこだわっておきたいポイントは、性能・材質や素材・採光や風通しの3つになります。

ポイント1.性能

quality of orderhome
家族を守り、長く住み続けるためには、建物の性能にもこだわりたいところです。

例えば以下のポイントにこだわりましょう。

  • 耐震性→地震の揺れに対して耐える造り
  • 免震性→揺れを伝えにくくする造り
  • 耐火性→火災で燃えにくい造り
  • 断熱性→夏は涼しく冬は暖かい構造

中でも、何に軸に考えた設計にするのかといった点などを決めながら注文をしていきましょう。

ポイント2.材料や素材

quality
注文住宅では、外からみた外観も理想のデザインに仕上げたいところです。しかし、デザインばかりこだわってしまうと汚れの洗浄や劣化に対するメンテナンス費用がかさむため、機能性や耐久性に優れた材料や素材にもこだわることが大切です。

また、外壁だけでなく、内装には無垢材などの自然素材を使って落ち着きのある雰囲気を演出したり、耐久性や強度を高めるためにコンクリートを使用するのも良いでしょう。

ポイント3.採光や風通し

ventilated
太陽光の入らない薄暗い部屋では、雰囲気が暗くなってしまうため、採光を確保できるかどうかもこだわりポイントです。検討時は窓の位置や間取りをはじめ、周辺環境なども考慮した造りにする必要があります。

また、採光と同時に風通しの良さを考慮した造りにすることで、心地よい風が通り抜けるだけでなく、湿気対策にもなります。

注文住宅でこだわりすぎて失敗した例

ここまで、注文住宅のこだわりポイントを紹介してきましたが、こだわりすぎて失敗してしまうといったケースもしばしばあります。

具体的にどのような失敗例があるのか、特に例の多いものをみていきましょう
Error lady

【収納】

  • 収納スペースの奥行きを広く取りすぎてしまいモノが取り出しにくい、無駄なスペースが多い
  • 寝室に十分な収納スペースを確保していなかったため、布団や毛布を別の部屋に収納せざるを得なくなり、使い勝手が悪い
  • 【キッチン】

  • 調理台の高さが合わず、腰痛の原因担っている
  • 戸棚の高さが身長に合わないため、モノが取りづらい
  • 【トイレ】

  • 寝室からトイレの位置が遠く、夜トイレに行くと眠気が覚めてしまう
  • 便利だと思いリビング近くに設置したが、用をたす時の音が聞こえてしまう
  • 【外観】

  • オシャレな外観にすることにこだわり過ぎてしまい、その後のメンテナンス費用がかさんでしまった
  • このように注文住宅をこだわり過ぎて失敗してしまう例は多くあります。
    他にも注文住宅でこだわりすぎて失敗する事例はいくつかあります。詳しくは以下の記事で事例を確認しましょう。
    注文住宅での失敗事例の確認はこちら

    注文住宅で失敗しないための設計会社の3つの選び方

    choose design company
    注文住宅でこだわっておくべきところはどこであるかをご紹介してきましたが、実際には失敗も多いのが事実です。

    失敗しないためには失敗事例を把握するのに併せて、「信頼できる設計会社」に依頼することが最も失敗を防げる方法です。

    実際に注文住宅を依頼するにあたって、上手な設計会社の選び方を紹介します。

    1.完全自由設計が可能な設計会社を選ぶ

    設計会社と一口にいっても、ハウスメーカー・建設会社や工務店の設計部門・アトリエ系の設計事務所・組織設計の設計事務所など種類があります。

    その中でも分譲住宅や建売住宅をメインに設計しているところもあれば、完全自由設計で一軒ずつオリジナルのものを設計しているところもあります。基本プランを提示され、オプションで設計変更することを注文住宅といっているケースもあるためその点は注意が必要です。

    2.住居者のイメージに近い実例を手がけている設計会社

    どのような建物を建てたいかというイメージにマッチしている実例を多く手掛けているかも重要です。

    実際に完全自由設計が可能な設計会社の公式ホームページで、設計事例の画像を見たり、カタログを請求したりするとよいでしょう。また、会社組織として信頼できるかどうかといった点にも目を配りましょう。

    3.上質な家をつくるなら高級住宅専門の会社を選ぶ

    設計会社にはそれぞれ得意分野があります。上質な家をつくりたいと考えるならば、アーネストアーキテクツのような高級住宅を専門に行っている設計会社を選ぶことをおすすめします。

    高級住宅は一般住宅とは求められる質が異なるため、上質なものを知るお客様の希望に対してもより多くの知識や高い技術力を持った提案をしてくれるところが魅力です

    具体的にこうしてほしいという要望を出すことができなくても、イメージを伝えるだけでお客様のライフスタイルに合った空間を設計してくれます。

    細部までこだわった丁寧な家づくりは、完成する家もグレード感が異なる上質な仕上がりになり、一般的な住宅とは一線を画すくらい快適に暮らすことができます。ぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。

    アーネストアーキテクツを見てみる

    まとめ|注文住宅のこだわりは間取り・キッチン・収納が第一!

    注文住宅でこだわりたい3つのポイントと失敗しない設計会社の選び方について解説してきました。最後にそのポイントをおさらいしましょう。

    • 注文住宅を建てる際に、特にこだわりたい場所として挙げられることが多いのは「間取り」「キッチン」「収納」
    • 併せてこだわりたいポイントは「性能」「材料や素材」「採光や風通し」
    • 設計会社選びは、高級注文住宅専門や完全自由設計ができる会社、また、完成イメージに近い実例を手がけている会社を選ぶ

    注文住宅にこだわる時には優先的にこだわるべき場所はありますが、そのこだわりを反映させるために、どの設計会社に依頼するかが失敗しない注文住宅を建てるためにはとても大切です。

    高級注文住宅を数多く手がけるアーネストアーキテクツ

    • ◆著名人・有名人の実績多数!

      ◆高級住宅約1000棟の実績!

      ◆テレビや雑誌の掲載多数!

      「おしゃれイズム」や「あいつ今何してる?」で紹介されたあの豪邸を手掛けた設計事務所です。

    アーネストアーキテクツをみる


    この情報が役に立ったという方は以下の記事もおすすめです。

    TOP