高級住宅info.

理想の注文住宅実現のための失敗しない業者選びのポイント

自分の大切な財産である家を満足いくものに仕上げるためには、慎重な業者選びが欠かせません。家づくりには色々なアプローチの方法があります。

主なものは、「建築設計事務所に依頼する」「ハウスメーカーで建築する」「工務店に依頼する」がありますので、この3つのパターンのそれぞれのメリット、デメリット、さらに失敗しないための業者選びのポイントにつても解説しますので、注文住宅を依頼する際のご参考にしてください。

注文住宅を依頼する先として3つの種類

建築設計事務所で家を建てる仕組み

住宅建築での設計事務所とは、建築家(設計士)が在籍し、クライアントのオーダーをくみ取りながら家の間取りやデザインを設計するところです。設計士には一級建築士や二級建築士、木造建築士などの資格があり、それぞれ手掛けられる建物の規模が異なります。設計士から家の細部まで提案を受け、相談しながら図面を仕上げ、完成した図面をもとに施工会社に建築工事を依頼します。

設計と施工が分離していることが多く、設計事務所はクライアントの代理人となって、工事監理を行い、図面通りの施工がなされているかのチェックをクライアントに代わって行います。このような方式を「設計施工分離方式」といいます。ここまでで注文住宅を検討している人は、なんとなくこの方式を考えていたという人も多いかもしれません。

ハウスメーカーや工務店で家を建てる場合

では、次にハウスメーカーと工務店の違いをご紹介します。

ハウスメーカーで建てる住宅は、あらかじめ許可を取得した規格に従った住宅を建築するケースが多いと言えます。「型式適合認定」といって、この規格に適合しているという事で、建築確認申請の手続きが簡略化され、品質を確保しながら住宅を量産することで価格を抑えることができます。(特殊オーダーを受ける場合もありますが、あくまでも自社のシーリーズの延長線上でのオーダーとなることが多いと言えます。逆にそれがハウスメーカーのメリットです。)ハウスメーカーが言う注文住宅はその規格に沿った範囲内での注文を受けることを意味すると考えてよいでしょう。

対して工務店は各専門工事業者(大工さん、電気屋さん、設備やさんなど)をまとめて管理し建築工事を行います。設計は工務店に所属している設計士や、工務店が依頼した設計士によって行われます。従って、工務店の得意とする工法、デザインに沿って設計が行われる傾向が強いと言えます。

ハウスメーカーや、工務店に注文住宅を依頼するケースは「設計施工一括発注方式」といえます。

業者ごとに異なる注文住宅建築の際のメリット

設計士

設計事務所に注文住宅を依頼する場合のメリット

設計事務所に注文住宅を依頼する際のメリットについてご紹介します。

第一のメリットは間取りやデザインの幅が広い(自由)という点です。クライアントの希望を聞きながら専門的なアドバイス、アイデアにより設計士が一から設計していくので、自分だけのこだわりの家を建ててみたいという方に適しています。

また、建築の監理という面でもメリットがあります。クライアントは多くの場合、建築に対しての専門知識や技術に関しては素人と言えます。設計事務所はクライアントに代わり工事を監理し図面通りに施工がなされているか、設計図書に記載された通りの部材を使っているか等をチェック、検査を行います。施工と独立している事で、厳密な監理を行い品質確保に貢献します。

ハウスメーカーのメリット

ハウスメーカーで注文住宅を建てるメリットは、設計、施工が規格化されていることで一定の品質が確保されている事への安心感と量産による建築費の低コスト化です。設計の自由度は多少制限されますが、もし希望の住宅イメージがハウスメーカーの提供している住宅のイメージに合っているときには大きな問題にならないと思います。

また、大手ハウスメーカーに依頼する場合には、大手企業ですので建築後のアフターメンテナンスや、建築途中の業者倒産といったリスクに対しても安心感を得られます。また規格化されているため、建築工期も短いというメリットがあります。

工務店のメリット

最後に工務店に注文住宅を依頼する際のメリットについてご紹介します。

地元の工務店に依頼する場合には、工務店は建築に関する間接経費を抑えることができるので、建築費用を抑えることができる事があげられます。また、設計についても、自社の得意とする工法、構造による設計となる事が多いため、比較的安心感をもって依頼できること、地域と密着しているため、アフターメンテナンスも大切にしている業者も多く、選定にあたって地元の評判などを参考にできる事もメリットとなります。

各業者のデメリットはなに?

メリットがあればデメリットもあります。各業者に注文住宅を依頼する場合に注意すべきデメリットを紹介します。

設計事務所に注文住宅を依頼する場合に気をつけたいポイント

設計事務所に家づくりを依頼する場合の失敗例は、依頼した設計士のスキルが低く要望がなかなかうまく反映されないとか、デザインイメージの傾向が違っていたなど、設計時の失敗の他に、施工を別業者に依頼する場合には、できた建物にトラブルがあった場合、設計の間違い(瑕疵(「かし」といいます。)なのか、施工のミスなのかクライアント側からすると判別がしにくい事があげられます。

また、設計事務所はメンテナンス業務が無いため、建築後の経年変化の情報が入り難いという点が挙げられます。逆に設計施工一括方式の場合には、設計の問題も、施工のミスも受注した会社が全てその責任を負う事になります。

ハウスメーカーの注文住宅は規格に沿った設計が基本という事

ハウスメーカーで建てる注文住宅はそのメーカーの規格に沿って設計することが基本になります。その為、規格を超えた要望については、規格化によるメリット、特に価格面でそのメリットが消えていく事になります。

ハウスメーカーに完全オーダーの注文住宅なみの要望を伝えていったら、ハウスメーカーでできる制約を受けているのに、金額は完全自由設計を同じくらいかかってしまったという失敗はあり得ることです。ご自身の要望がハウスメーカーの規格内で可能かどうか、見極めることが大切です。

工務店のデメリット

工務店に注文住宅を依頼する場合、設計と施工が分離していない為、工事の品質管理に関しては基本的に工務店にお任せとなりがちです。また、細かいこだわりや仕様なども工務店の今までの施工実績を踏まえた施工となります。技術や信頼のある地元の工務店さんに依頼するときには、設計は設計事務所、工事は地元の工務店さんという事も可能な業者さんが多いので、設計や監理に不安がある場合には率直にそのことを伝えて相談しましょう。

工務店が使う道具

各業者のデメリットをカバーして理想の注文住宅を手に入れる方法

自分のニーズに合った業者を選ぶこと

注文住宅を依頼するときに、まず自分の建てたい家をイメージする事が最初ですが、その家はどうやって建てるのが良いのか、今まで見てきた各パターンでのメリット、デメリットをよく検討したうえで、こだわりの優先順位を決めましょう。

安心感や安定性を望みつつ、ちょっとこだわりを持ちたいというなら、ハウスメーカー。建築地が変形敷地や傾斜地であったり、地下を使いたいとか、デザインに凝った家を建てたいなど、どうもハウスメーカーでは対応できなそうだと考えたなら設計事務所という選択になります。地元の知り合いの工務店や、評判の良い工務店があるので、そちらに依頼したいというなら、工務店に依頼するのも手です。

デメリットをいかにして補うかが大切

デメリットを補うために、上記に紹介した設計事務所、ハウスメーカー、工務店とは異なった独自のスタイルをもつ企業もあります。

アーネストアーキテクツという設計事務所は注文住宅の総合プロデュースを行っているアーネストグループの設計部門です。注文住宅設計に関して長年の事績があるだけでなく、グループ会社にアーネストホームという施工会社も持っているため、施工依頼も相談できます。

つまり、「設計施工分離方式」も「設計施工一括発注方式」もどちらも行える設計事務所です。(施工は東京都港区の本社から70km圏内という規定があります。)設計のみの依頼(設計施工分離方式)でも、グループ企業に施工会社があるため施工やメンテナンスの情報も共有され、所属している設計士のスキルが高く、品質面についても安心感を持つことができると言えます。

まとめ

注文住宅を依頼する場合には様々なアプローチがあります。大切なのは自分のイメージする家がどういったものかを踏まえ、適切なアプローチ先を探すことです。

今回ご紹介した内容も参考に、気になる数社の業者に相談して比較することをおすすめします。様々な角度から比較検討することが、失敗しない家づくりにつながります。

高級注文住宅を数多く手がけるアーネストアーキテクツ

  • ◆著名人・有名人の実績多数!

    ◆高級住宅約1000棟の実績!

    ◆テレビや雑誌の掲載多数!

    「おしゃれイズム」や「今あいつ何してる?」で紹介されたあの豪邸を手掛けた設計事務所です。

アーネストアーキテクツの詳細を見てみる

TOP