高級住宅info.

理想の注文住宅実現のための失敗しない業者選びのポイント

自分の大切な財産である家を満足いくものに仕上げるためには、慎重な業者選びが重要です。

ここでは、設計事務所・ハウスメーカー・工務店といった3つの業者の特徴についてご紹介します。合わせて、業者ごとのメリット・デメリットや、失敗しないための業者選びのポイントについても解説しますので、住宅建設の際の参考にしてみましょう。

1.注文住宅を依頼する業者の種類を解説

設計事務所で家を建てる仕組み

住宅建設でいう設計事務所とは、建築家が在籍し、家のデザインを手掛けるところです。建築家の持つ資格には大きく分けて、一級建築士と二級建築士、木造建築士というものがあります。

設計事務所に家を建てる際の依頼をする場合には、家のデザインを設計事務所に頼み、施工は別の会社が行うのが一般的です。設計事務所は住宅の設計を行うと共に、施工において監理を行うことになります。このような方式を「設計施工分離方式」といいます。

ハウスメーカーと工務店の違いとは?

では、次にハウスメーカーと工務店との違いについてご紹介します。ハウスメーカーで建てる住宅は、あらかじめ認可を取得した規格のものを用います。これを「型式適合認定」と呼びます。この認定を受けている住宅を建てるのがハウスメーカーの特徴です。

対して、工務店とは、工事を請け負って複数の専門工事業者をまとめて、工事の管理を行う業者のことです。昔でいうところの「大工さんで家を建てる」に当てはまります。

2.業者ごとに異なる注文住宅建築の際のメリット

設計事務所のメリット

まず、設計事務所に住宅建設を依頼する際のメリットについてご紹介します。

第一のメリットは、設計や家のデザインに関する幅が広いという点です。設計やデザインを重視して、自分だけの家を建ててみたいという方にはおすすめです。また、住宅の監理という面におけるメリットもあります。

設計事務所に家づくりを依頼する場合には、監理を施工に直接関わらない建築家が行う場合が多いため、そこで住宅の質が保たれることになります。

ハウスメーカーのメリット

ハウスメーカーで家を建てるメリットは、一定に保たれている品質のよさです。

先ほどもご紹介したように、ハウスメーカーは、型式適合認定を受けた家をつくっています。その分、設計の自由度に関しては制限される場合もありますが、規格に沿った住宅建設をしているからこそ、品質には安心感があります。

工務店のメリット

最後に、工務店に住宅建設を依頼する際のメリットについてご紹介します。

まず挙げることができるのが、家づくりに関わる費用を、ハウスメーカーや設計事務所に依頼する場合と比べて抑えられる可能性があるという点です。また、土地に合わせた家づくりに関しても比較的行いやすいという傾向があります。

3.各業者のデメリット解説

ハウスメーカーのデメリットは規格に沿った住宅づくりが基本という点

ハウスメーカーで建てる家は決められた規格に沿ったものです。その分、設計やデザインの自由度が制約されてしまう場合があります。ただし、余りにも個性的な家である場合は別ですが、規格内で対応可能な住宅は多く、その場合は大きなデメリットにはならないでしょう。

施工と監理が分離していないことが多いのが工務店のデメリット

先ほどもご紹介したように、設計事務所に住宅建設を依頼する場合は、監理を建築家が行い、施工と分離することによって住宅の質が保たれています。

工務店に住宅建設を依頼するということになると、監理をその業者内で行う場合があります。そのため、工事がきちんと行われているか、客観的な判断ができなくなる可能性は高いといえるでしょう。

4.各業者のデメリットをカバーして理想の注文住宅を手に入れる方法

専門性が高い業者を選ぶこと

設計から施工、監理に至るまでのすべての過程において高い専門性を持っている業者に家づくりを任せることは、業者選びに失敗しないための大切なポイントです。

どれか1つの過程だけ優れていても、他の部分でデメリットとなることが出てくる可能性があります。各過程における専門家が多く在籍していて、建設における各過程にその分野のプロがきちんと配置されてこそ、よい家づくりができるといえるでしょう。

設計・施工・監理について高い質が維持できている業者を選ぶこと

住宅の質を守るためには、建設に携わる業者の質も高いものでなければなりません。家が完成するまでのすべての過程において高い質を保持している業者選びをすることが、失敗しない家づくりのポイントになってくるでしょう。

業者選びの際には、設計・施工・監理の各過程における仕組みがどのようになっているかをあらかじめチェックし、きちんと整った仕組みを持っている業者に家づくりを任せるようにしましょう。

その点において、アーネストグループおよびアーネストアーキテクツには特筆すべき優れた点が多くあります。

グループ全体での「組織設計」が行われると共に、各工程における分業制が取り入れられているのが建設プロデュース集団であるアーネストグループです。

このグループのデザイン・設計部門であるアーネストアーキテクツはこれから業者選びを考えている方におすすめの設計事務所です。

まとめ

アーネストアーキテクツでは、設計の詳細やお客様との打ち合わせ内容などをデータベース管理するシステムを導入。家づくりに携わるスタッフ間でさまざまな情報を共有できる体制が整っています。

また、アーネストグループにおいては、デザイン・設計や監理を行うアーネストアーキテクツに加え、施工・工事管理を行うアーネストホームなど専門特化部門として各企業を配置。グループ一体となった家づくりを行っており、過程ごとの品質保持がなされる仕組みが整っていることも特徴的といえるでしょう。

TOP