高級住宅info.

注文住宅で絶対失敗したくない!5つの失敗例から学ぶ解決方法

「注文住宅で失敗しない為には何に気をつければいいの?」
「失敗事例を参考にしたい!」

そんな悩みをお持ちの方には、設計者サイドから見た「陥りやすい失敗事例」と、「失敗しない為にはどういう点に注意すればよいのか」というのを知っておくことは、注文住宅づくりで損はありません。

この記事では、いくつかの具体的な失敗事例をもとに設計サイドからどうしてそうなってしまうのか、そうならない為にはどうしたらよいのかということと、そうならない為には家作りを依頼する先の特徴をよく理解することが大切ということを解説していきます。

注文住宅の主要5つの失敗例。その原因と対策

失敗して頭一杯の母親
実際にあった注文住宅の失敗事例には部屋の大きさや明るさが違った、予想以上に予算が跳ね上がったなど様々な事例があります。

注文住宅の失敗事例は多岐にわたりますがその中でも代表的な失敗事例を5つ紹介します。

1.収納スペースの【広さ・仕組み】で失敗

タンスから溢れる物

  • 収納の奥行きを取りすぎてしまった為、使い勝手が悪く余計なスペースを無駄使いしてしまった。
失敗の原因は?
棚の奥行きが深ければたくさん収納できる!と考えがち。それが失敗の元です。奥行きが深ければ、奥のものは取り出しにくく、荷物の手前にスペースがあると、ついつい別のものを置いてしまいます。

すると奥のものはさらに取り出しにくくなり、結局奥の物はしまったはいいけど取り出したことがない、なんてことが起こってしまいます。
失敗しない為には?設計からのワンポイントアドバイス!
収納には適した奥行きがあります。バスタオルなどのリネン類やキッチンのパントリーと、クローゼットや納戸などの収納では必要な奥行きが異なります。リネン類やパントリーは比較的浅めにして、市販のバスケットを利用したりすれば収納を一目で見分けられて、取り出しもスムーズ。

逆にクローゼットや納戸は現在の収納の奥行きを確認し、もう少し浅いほうが・・・もっと深いほうが!という事がないか確認することで失敗を回避できます。また、普段使っている収納グッズのサイズを確認する事もポイントです。
  • 最初は足りていたのに、すぐに収納スペースが足りなくなった!
失敗の原因は?
子供の成長と共に、持ち物が増え、また思い出の品など取っておきたいものが増えていきます。また、子供が女の子の場合は、クローゼットは男の子の場合より広めにしておいてあげたいですよね。将来を見越した収納計画が必要です!
失敗しない為には?設計からのワンポイントアドバイス!
ウォークインクローゼットは何でも入れることができて、一見収納量が多く見えますが物を出し入れするスペースが必要なので、数字上の広さ(帖数)だけで判断すると、同じ広さの壁面収納より収納量が少ない!なんてこともあります。

収納量は、クローゼットの広さではなく、何をどのように収納するかの方が大切です。広さより、ハンガーパイプの長さ、棚の長さや奥行きに注意しましょう。

収納事例
ウォークインクローゼットの事例はこちら

2.間取りの【狭さ広さ】で失敗

サイズの合わないソファーが置かれた部屋

  • 外国製の大型ソファーを置きたくて広さを確保。実際に置いてみたら、ソファーがリビングを占拠!
失敗の原因は?
外国製のソファーは大型でゆとりがあり、デザインも素敵です。でも、そのゆとりを100%活かすためには、それが収まるサイズの広さだけではゆとりを感じられません。センターテーブルや、TVとの距離、通路となるスペースの幅が必要です。
失敗しない為には?設計からのワンポイントアドバイス!
外国製の大型ソファーは、そのボリューム感になじみが無いと実際にゆとりのある設計はできません。図面上の寸法だけで検討すると、希望の家具が入るには入ったけれど、ソファーがリビングを占拠していて、ゆっくりできなかったり、テーブルに置いたコーヒーに手が届かないなんてこともあります。

どういった空間が居心地が良いのか、どんなサイズ、レイアウトが適切なのかは設計者、インテリアコーディネーターとよく相談する事、そういった相談ができる会社選びが重要です。
  • 家族や友人が集まって食事をするダイニング!最大ボリュームで検討したら、広すぎた!
失敗の原因は?
家を新築したら、両親や、友人を招いてホームパーティーをしたい!そのためにはダイニングを広く、できたら8人から10人は掛けられるテーブルを入れたい!でも、実際に入れてみたら、普段使うのは家族4人分。最大値を想定するのは大切ですが、その頻度はどの程度?という事を冷静に分析しないと失敗します。
失敗しない為には?設計者からのワンポイントアドバイス!
最初からその広さが確保できるゆとりがあればよいのですが、やはり限られたスペースをリビングやキッチン、あるいは収納等に振り分けたいですよね。もし、ダイニングに割けるスペースが限られていたら、ダイニングテーブルにはエクステンション機能の付いたものがあります。

普段は6人掛けでも、いざとなったら8人掛けサイズに広げられるテーブルです。これなら来客があった時だけテーブルを広げられます。実際に来客があってダイニングテーブルに皆が集うのは、年に数回ではないでしょうか?それなら、その数回の為に、他の広さを犠牲にして、ダイニングを広くとる必要もないかもしれませんね。

3.間取りの【設備の仕組み】で失敗

お腹を抑えながらトイレに入る女性
家族5人でトイレ1つ。朝はトイレの順番待ちで失敗!

失敗の原因は?
普段の生活パターンをシミュレーションする必要があります。トイレなどの水回りはその数だけではなく、来客の人も使うもの、家族がメインで使うものなど、その用途によって、広さやデザインにメリハリをつける必要があります。
失敗しない為には?設計者からのワンポイントアドバイス!
水回りが多ければ、その分、掃除の手間が増えます。だからといって足りないと使い勝手が悪くなります。小さくても寝室付近にトイレがあると老後も便利です。また、トイレはトイレとしてだけでなく、帰宅時の手洗いを兼用した手洗い+トイレなども検討する場合もあるでしょう。

来客も使う可能性があるトイレは、リビングやダイニングから隠れた場所が良いでしょうし、どこにそういった水回りがあればよいのか、これも設計者の経験がものを言います。住宅の設計経験が豊富なところはそういった引き出しが多いものです。設計依頼先の検討も重要です。
  • 洗面を使いたいが、入浴中の娘が洗面を占拠!使うに使えない洗面で失敗!
失敗の原因は?
洗面とお風呂の脱衣室を兼用するケースは多いと思います。お子さんが男の子の場合にはそれもよいでしょう。でも女の子の場合、やはり入浴中に家族といえども洗面には入ってきてほしくないもの。

入浴中に、洗面の鍵をロックされると出かける予定があるお父さんは、洗面を使いたくてもロックされていては入れないなんてこともあり得ます。これも生活パターンのシミュレーション不足が原因です。
失敗しない為には?設計者からのワンポイントアドバイス!
ゆとりがあれば、機能重視のシャワールーム(ユニットタイプの物もあります。)をもう一つ設けることも手でしょう。でもめったに使わない可能性のある水回りが増えるのは掃除の手間もかかるし、スペース的にも無駄。であれば、洗面と脱衣所を分ける事も手です。

もちろん、入浴時に家族が洗面を使うのを気にする家族ではないという方もいるでしょう。それぞれの家族の生活パターンをシミュレーションする事がここでも大切になってきます。

間取りの動画
動画で高級注文住宅の間取を見る

4.窓の【大きさ・位置】で失敗

吹き抜けの部屋の窓

  • 2層吹抜のゆとりのリビング。でも外から丸見え!結局カーテンを閉めっぱなし。
失敗の原因は?
大きな「窓+解放感」と「プライバシーの確保」は相反する要素です。周りの環境を考え、窓を開く方向、目隠しの方法を検討しないと外から丸見えの落ち着かない空間になってしまいます。
失敗しない為には?設計者からのワンポイントアドバイス!
中庭を持ったコートハウススタイルは、大開口とプライバシーの確保を両立させる一つの回答でしょう。コートハウススタイルは大きな敷地でなくても可能です。もし、大開口はほしいけれど、プライバシーやセキュリティーの確保にも重点を置きたいという方がいれば、コートハウススタイルを検討してみてはいかがでしょうか?

コートハウスの設計事例とメリット・デメリットは、こちらの記事にも掲載していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。
  • 南西側に大きな窓をつくったけれど、夏場の西日がきつい!
失敗の原因は?
冬場の寒さが苦手なので、陽が入る温かい家にしてほしい!と思って設計してもらったけれど、夏場の日差しがきついという事が起こり得ます。近年は建物自体が高気密高断熱化されていますので、冬場の寒さより、夏場の暑さ対策が重要視されます。
失敗しない為には?設計者からのワンポイントアドバイス!
西日が降り注ぐ側に大きな窓を設けないのが理想ですが、外部からの視線の少ない方向や、眺望の良い方向が西側である事もあるでしょう。また、プラン上そちら側に開口を設けたい時もあるでしょう。そんな時には、窓ガラス、カーテン、庇などの総合検討が必要です。

窓ガラスではLow-eガラスやUVカットガラス、カーテンでは遮熱カーテン、外部に庇やパーゴラ、オーニングテントなどを設けて夏場の日光の入り方を外部から制限するなどの対策があります。

コートハウスの事例
プライバシーを確保した大きな窓の事例はこちら

5.注文住宅を依頼する【依頼先】で失敗

自分のイメージする自由設計と選択したハウスメーカーの考える自由設計が違った!

失敗の原因は?
「自由設計」という言葉ほど曖昧な定義はありません。自由設計と言われプランを出してもらい、何となく予算とイメージが良かったので依頼したら、実は自分のやりたいことができないか、できたとしても高額になってしまったという失敗はよく聞きます。これは事前の比較検討が足りない為に起こりがちな失敗です。
失敗しない為には?設計者からのワンポイントアドバイス!
家づくりには様々なアプローチがあります。また、どこまで自由なのか?によって、適切な依頼先は異なります。

ハウスメーカーのようにある程度規格化され、メーカーの用意する仕上げ材や、設備のレパートリーから自由に組み合わせて家をつくる自由設計もあれば、デザインや仕上げ材、キッチンや浴槽、空調システムなど全てにこだわって自由に作りたいという自由設計もあるでしょう。

自分の思い描く家づくりがどれなのかをよく見極め、さらに予算を総合的に判断して依頼先を慎重に検討することが必要です。中にはこういった業者があったならもっと早く知りたかったとか、もう契約してしまったが希望と提案がかみ合わず打合せがうまく進まない為、解約して一から設計しなおしたいというケースもあります。

そうならない為にも、依頼先の選定は慎重に行う必要があるでしょう。別の記事となりますが、こちらも参考にしてみてください。
注文住宅の流れ16の手順&検討から完成までの期間を解説

注文住宅で失敗しない為には依頼先の選定が重要

注文住宅での失敗談は実際数多くありますがその中でも最も失敗したくないのは依頼先の選定です。

ここを信頼できないような依頼先を選んでしまったとき、ほかの内装や間取りまですべて後悔する羽目に合うためです。

ここではその事態を防ぐために、代表的な3つの依頼先である建築事務所、ハウスメーカー、工務店をご紹介します。3つの大きな違いは以下ですので大まかに頭に入れておきましょう。

3つの注文住宅依頼先業界比較
1.設計事務所 2.ハウスメーカー 3.工務店
デザイン重視
細部まで凝りたい
安心感や安定性重視
少しこだわりを持ちたい
地域密着型
安心な地元で頼みたい

各事業者ごとの家を建てる仕組み

ここで建築設計事務所とハウスメーカーと工務店が家を建てる際の仕組みをそれぞれ紹介します。

1.建築設計事務所で家を建てる仕組み

住宅建築での設計事務所とは、建築家(設計士)が在籍し、クライアントのオーダーをくみ取りながら家の間取りやデザインを設計するところです。設計士には一級建築士や二級建築士、木造建築士などの資格があり、それぞれ手掛けられる建物の規模が異なります。基本的には「設計施工分離方式」という方式を取っています。

設計施工分離方式とは
  1. 設計士から家の細部まで提案を受ける
  2. 相談しながら図面を仕上げる
  3. 完成した図面をもとに施工会社に建築工事を依頼
  4. (設計と施工が分離している場合は)設計事務所はクライアントの代理人となって、工事監理を行う
  5. 図面通りの施工がなされているかのチェックをクライアントに代わって行う

ここまでで注文住宅を検討している人は、なんとなくこの方式を考えていたという人も多いかもしれません。

2.ハウスメーカーで家を建てる仕組み

ハウスメーカーで建てる住宅は、あらかじめ許可を取得した規格に従った住宅を建築するケースが多いと言えます。「型式適合認定」といって、この規格に適合しているという事で、建築確認申請の手続きが簡略化され、品質を確保しながら住宅を量産することで価格を抑えることができます

特殊オーダーを受ける場合もありますが、あくまでも自社のシーリーズの延長線上でのオーダーとなることが多いと言えます。逆にそれがハウスメーカーのメリットです。ハウスメーカーが言う注文住宅はその規格に沿った範囲内での注文を受けることを意味すると考えてよいでしょう。

3.工務店で家を建てる仕組み

工務店は各専門工事業者(大工さん、電気屋さん、設備屋さんなど)をまとめて管理し建築工事を行います。設計は工務店に所属している設計士や、工務店が依頼した設計士によって行われます。従って、工務店の得意とする工法、デザインに沿って設計が行われる傾向が強いと言えます。

このように、注文住宅を依頼するケースは「設計施工一括発注方式」といえます。

理想の注文住宅を手に入れるための業者の選び方

後悔のない理想の注文住宅を手に入れるためにやっておきたいことは2つあります。その2つについて詳しく紹介します。

1.自分のニーズに合った業者を選ぶこと

注文住宅を依頼するときに、まず自分の建てたい家をイメージする事が最初ですが、その家はどうやって建てるのが良いのか、今まで見てきた各パターンでのメリット、デメリットをよく検討したうえで、こだわりの優先順位を決めましょう。

建築地が変形敷地や傾斜地であったり、地下を使いたいとか、リビングはデザインに凝った家を建てたいなど、どうもハウスメーカーでは対応できなそうだと考えたなら設計事務所という選択になります。地元の知り合いの工務店や、評判の良い工務店があるので、そちらに依頼したいというなら、工務店に依頼するのも手です。

2.デメリットをいかにして補うかが大切

デメリットを補うために、上記に紹介した設計事務所、ハウスメーカー、工務店とは異なった独自のスタイルをもつ企業もあります。

アーネストアーキテクツという設計事務所は注文住宅の総合プロデュースを行っているアーネストグループの設計部門です。注文住宅設計に関して長年の事績があるだけでなく、グループ会社にアーネストホームという施工会社も持っているため、施工依頼も相談できます。

つまり、「設計施工分離方式」も「設計施工一括発注方式」もどちらも行える設計事務所です。(施工は東京都港区の本社から70km圏内という規定があります。)

設計のみの依頼(設計施工分離方式)でも、グループ企業に施工会社があるため施工やメンテナンスの情報も共有され、所属している設計士のスキルが高く、品質面についても安心感を持つことができると言えます。

設計事務所と工務店のいいとこ取りができ、設計だけでなく施工に関しての依頼や相談もできるので、さらに安心ですね。

アーネストアーキテクツを見る

注文住宅で失敗しないために知りたい各業者のメリットとデメリット

設計士
注文住宅を建てる際にはハウスメーカー、工務店、施工会社の3つのうちどれかが建築するのが一般的です。

注文住宅の完成物に失敗しないためには、注文住宅のこれらの各業者のメリットとデメリットを把握しておく必要があります。

各業者のメリット・デメリットはこちらの記事に詳しく記載されていますのでご覧ください。
高級注文住宅を建てる際に気をつけたい業者の選び方

【まとめ】注文住宅で失敗しないためには自分の要望に合う依頼先を見つけよう!

注文住宅の失敗事例はこの記事で紹介しただけではなく、様々な失敗事例があります。また、家づくりには全てにおいて完璧という事はなかなかありません。

こうしておけばよかったけれど、まあ全体的には満足している」=「失敗していない」というのが正直なところでしょう。大切なのは、「全体的には満足している」のレベルではないでしょうか。

そのレベルまで到達するまでに、色々な事を検討し、取捨選択し自分だけの住まいを手に入れたときに、ちょっとした失敗は気にならないという満足感に到達するのだと思います。失敗しない注文住宅づくりの為には、経験豊富な依頼先に色々な疑問をぶつけてみることが大切です。

高級注文住宅を数多く手がけるアーネストアーキテクツ

  • ◆著名人・有名人の実績多数!

    ◆高級住宅約1000棟の実績!

    ◆テレビや雑誌の掲載多数!

    「おしゃれイズム」や「あいつ今何してる?」で紹介されたあの豪邸を手掛けた設計事務所です。

アーネストアーキテクツをみる

この情報が役に立ったという方は以下の記事もおすすめです。

TOP