高級住宅info.

高級注文住宅を計画的に建てるために知っておきたい流れ

そろそろ高級注文住宅を建てたい、けれど何から始めてどのように進めていったらよいのかわからない、そんな声をよく聞きます。住宅を建てる一連の流れにはさまざまなケースがあって「これが正解」というものはありません。

ここでは、基本として知っておきたい項目をピックアップしてご紹介します。

注文住宅を建てる流れ①要望の整理と絞り込み

建築予算と期間を決める

建築計画のスタートとしてまず決めておきたいのは、建築予算です。自己資金や住宅ローンを利用する場合に月々返済が可能な金額をもとに、資金計画を立てます。

建築の総合的な予算の金額を把握するためにとても重要であると同時に、今後見積もりを取るにあたっての指針にもなるステップです。できるだけシビアに考えておくほうがよいでしょう。

工事にかかる期間は選んだ工法や工事内容によってかなり変わってくるため、施工事例はあくまでも参考にする程度にしましょう。

いつ完成してもよいとあいまいにすると、さまざまな事項の決定が後ろにずれていくものです。大まかにでも完成希望時期を決めておき、逆算して「いつまでに何を決めなければいけないのか」をきちんと把握しましょう。

土地探しや間取りプランの検討を進める

土地を所有していない場合は、土地を探すことから始めます。土地の条件によって建築できる住宅のプランが変わりますから、まず土地を決める必要があるのです。

土地が決まったら、土地の形状や周辺環境などの条件に合わせて間取りプランを決めていきます。このステップは予想以上に時間がかかりますので、慌てなくてもよいように、余裕を持ったスケジュールで臨みましょう。

注文住宅を建てる流れ②住宅ローン事前審査と正式契約

住宅ローンの事前審査を受けておく

土地が決まり間取りプランもほぼ決まってきたら、次は住宅ローンについて考えていきます。高級注文住宅を建てる際には融資を受ける場合がほとんどだと思われますので、まずは住宅ローンの事前審査を受けます。

住宅ローン審査は事前審査と本審査の2回あります。本審査との大きな差が出ないよう、事前審査の時点で間取りプランをほぼ決め込んでおかなければなりません。この段階で修正を重ねて決め込んでおけば、契約金額がほぼ把握できるというメリットもあります。

土地と建物の契約を正式に行う

間取りプランがほぼ決定したら、土地と建物の契約を行います。先に土地だけを契約してしまうと、総予算から建物に使う予算が決まってしまい、希望を反映させた住宅を建てられなくなる可能性があります。そのため、土地と建物の契約は同時に行うのがおすすめです。

契約書の内容を隅から隅までしっかり精査したうえで、契約を行うようにしましょう。

注文住宅を建てる流れ③土地の所有権移転と工事開始

住宅ローンの本審査通過後に土地の所有権移転を行う

土地と建物の契約が終わったら、住宅ローンの本審査を受けましょう。

本審査に通ったら、土地の所有権移転と登記の手続きを行います。この手続きが完了したら晴れて土地の主有権を持つことになります。

建築工事のスタート

土地の所有権移転が完了すると、いよいよ建築工事の始まりです。建築確認申請書類を提出した後、既存の建物がある場合は解体工事を行い、更地にした後に基礎工事からスタートします。

木造か鉄筋コンクリート造かなど工法によりますが、約2~6カ月間工事が行われるのが一般的です。床面積や内部外部の仕様によっては工事期間がもっと長くなる場合もあります。

竣工したら引き渡しが行われ、入居となります。

スムーズに高級注文住宅を建てるための会社の選び方

高級注文住宅の建築実績が多いか

高級注文住宅の場合、一般の注文住宅よりもデザインや仕様に強いこだわりを持って決めていくことが多いため、打ち合わせの時間や回数も必然的に多くなります。内容に漏れがないよう、また大幅な遅れが出ないよう計画的に進めていくには、高級注文住宅を設計・施工した実績が豊富な会社でないと難しいでしょう。

東京を拠点に高級注文住宅の設計・施工を行っているアーネストアーキテクツ株式会社は、実績が豊富な信頼できる会社のひとつです。全国に数多くの施工事例を持っていて、高級注文住宅を建てる際の一連の流れもスムーズに進めてくれます。

現場見学会や完成見学会に参加してみる

現場の様子を見たり施主の話を聞いたりすることで、現場監理やデザイン・プランニングの力が高いかどうかを垣間見ることができる現場見学会や完成見学会。こうしたイベントを定期的に開催している会社は信頼度が高いといえます。

アーネストアーキテクツ株式会社でも竣工間近の現場の見学会を開催しているので、高級注文住宅づくりの参考になるでしょう。

まとめ

住宅の規模や仕様グレードの高さから、工期が一般の注文住宅よりも長いケースが多い高級注文住宅。一連の流れを事前に把握して、かかる予算や工期などを早めに計画していくことが大切です。

検討段階から相談してもよいのかと心配する方は多いですが、その点は気にせず、まずは実績が豊富な会社の相談会や見学会に参加することから始めてみてはいかがでしょうか。

TOP