高級住宅info.

別荘地に建てるガレージハウスの事例と失敗を防ぐ建築時の注意点2つ

車が好きだし、ガレージハウスを別荘として建てたい
別荘のガレージハウスの事例が見たい

週末や大型連休にゆっくり過ごせるセカンドハウス。別荘地でドライブしたり、愛車を鑑賞したいという希望から別荘地にガレージハウスを組み合わせたスタイルが近年人気です。

そこで今回、別荘としてのガレージハウスを事例とともにご紹介。また、記事の後半では、別荘地のガレージハウスのメリットやガレージハウスを別荘として建てるときの注意するべき点を解説します。

別荘としてのガレージハウスを事例で紹介

ここでは事例とともに、別荘地のガレージハウスを見ていきます。

愛車をディスプレイしたガレージハウス

愛車をディスプレイしたガレージハウス
玄関を入るとガラスの向こうにガレージに停めた愛車がお目見え。階段の正面に位置しているため様々な角度から愛車を楽しめる、車好きにはたまらない演出が施されました。二階のLDKからは遮ることなく雄大な富士山がそびえ立つ抜群のロケーションを活かしています。

この事例を見る

ビルトインガレージで塩害から愛車を守る

愛車を守るビルトインガレージ
広々としたビルトインガレージを地下に持った別荘は、愛車を塩害から守れ、地下のプレイルームから愛車を眺められる設計に。プレイルームにはビリヤード台やミニバーが設置され、車好きな友人と愛車を眺めながらゲームやお酒が楽しめます。リビングダイニングからは270°パノラマの圧巻の景色が広がり、各階でイメージの異なるインテリアを楽しめる別荘です。

この事例を見る

のびのびとしたデザインのガレージハウス

平屋のようなガレージハウス
水平ラインを強調することで横への広がりを意識した、のびのびとしたデザインのガレージハウスです。二階に生活空間を集約することで、一階は趣味に特化させたショールームのような空間が楽しめ、二階の生活空間からは海が見渡せる浮遊感のあるつくりとなっています。

この事例を見る

別荘地ならではのガレージハウスのメリット4つ

室内と融合したガレージハウス
せっかく別荘地にガレージハウスを建てるなら、そのメリットも知りたいものです。ここでは別荘地ならではのガレージハウスのメリットを紹介します。

メリット1.車が自然災害によってダメージを受けるのを防ぐ

別荘のガレージハウスの1つ目のメリットは、車が自然災害や塩害によってダメージを受けるのを防げることです。例えば山間部にあるような別荘は天候も変わりやすく、急な雨や雷、さらには雪にも見舞われやすく、車が傷んだり汚れたりすることがあるため、室内のガレージがおすすめです。

折角ガレージをつくるなら、敷地が比較的広く確保できる別荘をガレージハウスとして建ててはいかがでしょうか。愛車を楽しむのも別荘でのひとつの過ごし方になると思います。

メリット2.防犯性が高いため車を安心して保管できる

別荘のガレージハウスの2つ目のメリットは、防犯性が高く、安心して車を保管できることです。別荘に愛車をコレクションしておきたい場合、季節によってはあまり行かない期間もあるため、車を外に出したまま保管するのは不安なものです。車にいたずらをされてしまった、ということもありうるでしょう。

そんなとき、ガレージハウスなら家に車庫があるので、愛車を外的要因から守ることができます。

メリット3.室内から車まで距離が近い

別荘のガレージハウスの3つ目のメリットは、室内からそのままアクセスでき、車まで距離が近いことです。別荘地でゴルフや釣りを楽しみたいとき、ガレージハウスだと車までの距離が近く荷物や道具の出し入れをする際とても便利です。ゴ
ルフバッグや釣り竿、庭でバーベキューを行う際のアウトドア用品をガレージ内に収納することもできます。

また、自然の中でサイクリングを楽しみたいという人にも、室内に駐車スペースのあるガレージハウスは最適です。

メリット4.趣味の車に特化した別荘を建てることができる

別荘のガレージハウスの4つ目のメリットは、趣味の車に特化した別荘を建てられることです。都市部の自宅では広い敷地を確保するのが難しく、愛車を駐車しておくスペースが確保できない場合も多いですが、別荘なら敷地を広く使えるため、思い切った設計ができます。趣味の車を楽しむ別荘を計画するときは、自宅ではできないコンセプトを入れてみるのも楽しいものです。

ガレージハウスは室内空間とガレージの組み合わせるによってさまざまなガレージハウスを設計できます。車のギャラリーのような空間やリビングの隣にレイアウトしていつでも車が眺められるようにしたり、別荘のロケーションを活かして雄大な自然をバックに愛車をディスプレイすることも可能です。

室内にいながら、自分の愛車をインテリアとして楽しむ、これもガレージハウスのメリットです。

ガレージハウスを別荘として建てるときの注意点2つ

ガレージハウスの別荘を建てても、そこでの注意点を把握しておかないと、快適なリゾートライフにはなりません。ここでは別荘でのガレージハウスで注意するべき点を紹介します。

注意点1.車に適さない別荘予定地の気候

ガレージハウスを別荘として建てるとき、建築予定地の気候には注意が必要で、車に適さない気候の別荘地もあります。海辺の別荘では、当然塩害に注意が必要です。

潮風は海辺のリゾートを楽しむ人たちには心地よい風でも、塩分を含んだ風は車にとっては大敵です。不意な雨に降られた時の洗車も視野に入れたガレージづくりを検討しておきましょう。

軽井沢など避暑地として、とても優れた別荘地で、夏場の過ごしやすさは別格ですが、実は意外と湿気が多いです。別荘の建物自体が高床式になっていて、湿気がこもらない工夫がされている家が多いのはその為です。

愛車を保管するとなれば、その湿気対策はとても重要です。しばらく行ってなかったら、湿気で車が壊れて動かない、なんてことがないようにしたいものです。

注意点2.別荘のセキュリティー

別荘地にガレージハウスを作って現地で乗る愛車を保管する場合、セキュリティーには注意が必要です。セキュリティー会社に警備を依頼することはもちろん、今はスマートホームシステムを使って手元の携帯で現地の映像を見たり、照明の設定もできます。照明を不定期にON/OFFして別荘に居るように見せることも防犯には役に立ちます。

また、スマートホームシステムは別荘に訪れる前に、換気や冷暖房の空調が制御でき、人も車も快適なリゾートライフが送れる有効な設備です。

ガレージハウスの別荘で快適なリゾートライフを送ろう

最後にここまでのポイントをおさらいしましょう。

  • 別荘としてのガレージハウスのメリット4つ
  • ・自然災害によるダメージを防げる
    ・防犯性が高い
    ・室内から車まで距離が近く便利
    ・趣味の車に特化した別荘にできる

  • 別荘としてのガレージハウスの注意点2つ
  • ・車に適さない別荘予定地の気候
    ・別荘のセキュリティー

記事内でも解説しましたが、ガレージハウスのデザインにもいろいろなパターンがあります。別荘でガレージハウスを検討しているなら、ガレージハウスや別荘建築の事例を多く手掛けている設計事務所が、経験豊富でおすすめです。

メリットや注意点を参考に理想の週末ハウスを検討してみてください。

ガレージハウス・別荘を数多く手がけるアーネストアーキテクツ

  • ◆著名人・有名人の実績多数!

    ◆高級住宅約1000棟の実績!

    ◆テレビや雑誌の掲載多数!

    「おしゃれイズム」や「あいつ今何してる?」で紹介されたあの豪邸を手掛けた設計事務所です。

詳細を見てみる


【ガレージハウスの関連記事】
ガレージハウスの費用や事例を画像で紹介
ガレージハウスの間取り・予算・実例3つを紹介

TOP