高級住宅info.

目を引く存在感が魅力!邸宅の外観デザインはこう選ぶ

邸宅というと、個性的な外観が目を引く豪華な住宅というイメージがありますが、いざ購入や新築によって邸宅を手に入れようとした場合に、どのような外観がよいのか迷ってしまう方は多いのではないでしょうか。

工法や間取り、インテリアなどが気になってつい後回しにしてしまいがちな外観デザインにも、ぜひこだわりを取り入れたいもの。

この記事では、好みの外観デザインを選ぶポイントについて、事例を交えてご紹介します。

1.邸宅の外観デザイン事例

事例①外からの光をたくさん採り入れられる外観デザイン

邸宅の外観デザインとしてよく見られるのが、外からの光をたっぷり室内まで採り入れられる大きな開口部です。一般的なサイズの窓をたくさん並べるよりも、1階から2階までつながる高さのある開口部を設けることで、かなりの開放感が得られます。

また、さまざまな住宅が並ぶ住宅街の中でも、個性や存在感を感じさせる外観をつくり出せるでしょう。

事例②総タイル貼りの外観デザイン

外観の多くを占める壁面にどのような仕上げ材を使うかによって、住宅の見映えは大きく変わります。特に豪華な雰囲気になるのがタイルで仕上げた外観でしょう。色や大きさ、貼り方を工夫することで、目を引く外観ができ上がります。

また外壁全体をすべてタイルで仕上げた場合は、より高級感のある外観にすることができます。

事例③立体感のあるファサードを持つ外観デザイン

住宅の正面部分であるファサードはまさに住宅の顔ともいえる部分。ここに凹凸をつくって立体感を出すとインパクトのある印象的な外観デザインにすることができます。

建物全体に奥行が出るため、時間の経過によって美しい陰影が生まれて深みのある雰囲気が醸し出されるという効果があります。

2.邸宅ならではの外観デザインの決め方

フォーカルポイントを決める

人の視線がもっとも集まる場所=フォーカルポイントがある外観デザインは、メリハリがついて、とても目を引くものです。

たとえば、道路に面した壁面の一部だけを違う形状にしたり、色のタイルを貼ると、そこがアクセントとなって立体感のある外観となります。住宅本体がシンプルな長方形であれば、フォーカルポイントを設けることで、邸宅にふさわしい外観をつくれるでしょう。

窓の配置や形にこだわる

窓の配置で最優先すべきことは、採光や通風をきちんと確保することですが、この点をクリアしているなら窓本体の配置や形にもこだわりましょう。

たとえば、細長いスリット窓を連続して並べると、視線が上下に大きく動くため住宅全体がより高く開放的に見える効果があります。

また、ボウウインドウなどの出窓を採用すると、外観に立体感が出るため、ゆったりと優雅な雰囲気をつくれます。

シンプルなガラス窓だとモダンに、格子が入った窓だとクラシカルになりますから、外観デザインに合わせて選択するとよいでしょう。

窓の使い方と外観の雰囲気は互いに影響し合うため、慎重に、しかしこだわりを持って合わせることが大切です。

3.邸宅の外観デザインを決める際に心掛けたいポイント

周囲の風景や街並みとのバランスを考える

個性的であることと奇抜であることでは意味が違います。周囲の風景や街並みに合っていながら、高級感や上質感のある住宅が、本当の意味で魅力的な外観デザインを持つ邸宅といえるのです。

特に色彩に関しては、基本的に自然界にある色を採用すると、周囲の風景や街並みになじみやすいでしょう。逆に、ビビッドな色は個性的かもしれませんが、周囲から浮く可能性が高く、邸宅としての落ち着きは感じにくいでしょう。

住宅に隣接した庭も含め、全体のバランスが取れているかをよく考えることが大切です。

夜間の見せ方を考える

道路から玄関までのアプローチやガレージ、庭の植栽の合間など、住宅に隣接した部分には外部照明がつきます。外部照明の配置によっては、夕方から夜にかけての外観の見え方が大きく変わります。

あえて陰影をつけたいのであれば、外壁の仕上げ材は凹凸があるタイルなどがよいでしょう。すっきりと見せたいのであれば、塗装や打ちっぱなしなど平坦な仕上げ方がおすすめです。

夜間の見せ方まで考慮された外観デザインは、邸宅の風格を感じさせるはず。日中だけでなく夜間の見え方についてもよく検討しながら決めていきましょう。

4.魅力的な外観デザインの邸宅をつくるための会社の選び方

設計・施工の実績が豊富な会社の施工事例をたくさん見る

どの会社も、打ち合わせ段階でパースなどの資料を使って外観デザインを見せてくれます。しかし、やはり現実に施工された事例を直接見ないと、雰囲気やスケール感はつかめません。

多くの邸宅の施工事例を持っているということは設計提案力があり、バリエーションも豊富ということです。施工実績が豊富な会社を選んで相談するとよいでしょう。

邸宅の設計・施工実績を持つアーネストアーキテクツ株式会社に相談しよう

高級住宅専門に設計・施工を行うアーネストアーキテクツ株式会社は、全国に数多くの邸宅施工実績を持っています。顧客のハイレベルな要望にもしっかり対応できる提案設計力があり、さまざまな外観デザインを提案してくれるでしょう。

まとめ

邸宅ならではの目を引く外観デザインは、住宅本体の形状だけでなく、仕上げ材の色や材質、窓の配置や形といった要素のバランスが取れていることがポイントです。

施工事例を参考にしながら、自分のこだわりを反映できて、しかも高級感を失わない外観デザインを選んでみてはいかがでしょうか。

TOP