高級住宅info.

  • ハウスメーカーで新築の住宅を建てる際に失敗しないためのポイントをご紹介

ハウスメーカーで新築の住宅を建てる際に失敗しないためのポイントをご紹介

ハウスメーカーで新築の住宅を建てるときには、自分の希望に沿ったものを失敗することなくつくり上げたいものです。あらかじめ起こりがちな失敗事例を知っておくことで、失敗を回避し、満足いく家づくりができるようにしましょう。

それに加えて、どこのハウスメーカーを選べばよいか迷っている方に対して、ハウスメーカー選びのポイントもご紹介します。

1.ハウスメーカーで新築の住宅を建てる際に起こりがちな失敗例

情報収集をあまりせずハウスメーカーを決めて後悔

ハウスメーカーをイメージやブランド力だけを頼りになんとなく選んでしまうと、後で後悔をしてしまうことがあります。

ハウスメーカーはたくさんあるので最初はどこを選んだら自分の希望通りの住宅建設に結びつくのか、わからないかもしれません。しかし、自分の大きな財産でもある家づくりを満足いくものにさせるためにも、初めに行うハウスメーカー選びは重要です。

知名度やブランド力があるハウスメーカーと、自分の希望に合った家づくりをしてくれるハウスメーカーは別のものと考えましょう。

家の間取りについての失敗例

また、ハウスメーカーで住宅を建てる際にありがちな失敗例として、「間取り」に関することがあります。

住宅を建てる際には、図面上でしか間取りの確認ができません。そのため、実際に建って住んでみると、「ここをこうしておけばよかった」とか「あそこはもうちょっとこうすべきだったな」と思うことがあります。

特に、収納は間取りを考えるうえで重視したいところです。ただ単に、収納スペースがたくさんあればよいというわけではありません。実際に使うときのことをよく考えて、どこに収納スペースをつくるかということまでよく考えるようにしましょう。

もちろん、誰にでも自分の希望する間取りがあると思います。しかし、実際にできてみないとわからないこともたくさんあります。間取りを決める際には、一緒に家づくりをしていくハウスメーカーのスタッフたちの意見もよく聞いておくことをおすすめします。

その点を考えると、家づくりについて専門的な知識を持ったプロがたくさん在籍しているハウスメーカーを選ぶことも、重要なポイントといえるでしょう。

2.失敗しないために事前にチェックが必要なポイント

営業担当者などスタッフの能力についても事前にチェック

どのような人が自分の家づくりに携わってくれるのかというのは重要です。1人1人のスタッフがしっかりとした知識を持っていて、提案力が高いかというのは1つのポイントでしょう。

特に、営業担当者は頻繁に連絡を取り合う存在になりますので、人柄や知識などをしっかりと見極めておきたいものです。対応に誠実さがあるかどうか、また、自身も住宅建設に関わる身として一定の知識を持っているかということをチェックしましょう。

建てた後も大切!アフターメンテナンスの保証内容や点検について

ハウスメーカーによってアフターメンテナンスの内容に差があるということも、あらかじめ頭に入れておきましょう。

保証される期間やアフターメンテナンスとして点検が実施される内容、どの範囲のメンテナンスまで無償で行ってくれるのかなどをあらかじめチェックしておくことをおすすめします。

3.ハウスメーカーを選ぶ前にやっておきたい2つのこと

ハウスメーカーのカタログやウェブサイト等で情報収集をしっかり行う

ハウスメーカーを選ぶ前には、まず、自分の希望する家とはどのようなものなのかをまとめる作業から始めましょう。希望があいまいなままハウスメーカーを選ぶと、結果的に自分の希望通りに行かないことがあるかもしれません。

自分の希望がまとまったら、次にハウスメーカーに関する情報収集を行いましょう。住宅雑誌やハウスメーカーごとのパンフレットやウェブサイト等を参考に、各ハウスメーカーの特徴や得意分野といった情報を集めてみます。

具体的には、各ハウスメーカーの企業情報や取り扱っている商品の情報、また、これまでの事例を見て、どのようなデザインの家を、どのような工法によってつくっているかという情報も合わせて集めてみると、家づくりの参考になるでしょう。

このような情報がないと、検討しているハウスメーカーが自分に合っているところかどうか判断することができません。その情報を自分の希望する家の条件と照らし合わせていくと、最終的に残ったハウスメーカーが自分に合っているということがわかるでしょう。

ハウスメーカーごとの施工事例のチェックと得意分野の把握

ハウスメーカーにはそれぞれ、得意分野と不得意分野があります。自分の希望する家を建てるためにも、各ハウスメーカーの得意・不得意はあらかじめ知ったうえで、ハウスメーカーを選ぶようにしましょう。今までに手掛けた施工事例等を参考にするのもおすすめです。

4.失敗しないためにハウスメーカー選びで重視する点

希望を反映しつつプロの意見が聞ける環境であるか

家を建てる際には、自分の希望を実現することも大切ですが、プロならではの視点で家づくりにアドバイスをくれるかどうかということも重要なポイントです。よりたくさんの専門家が家づくりに携わることで、建設後も本当に使い勝手のよい家ができるのではないでしょうか。

ハウスメーカーの対応力と内部の仕組みに注目

ハウスメーカーが、自分の希望をどこまで叶えてくれるかというのは、大切なポイントです。対応力の高いハウスメーカーは、内部の仕組みもしっかりと整っています。ハウスメーカーを選ぶ際には、その点も考慮しておきましょう。

設計から施工、監理までグループ内で完結させるアーネストグループ

アーネストグループは、設計から施工、監理といった家づくりのすべての過程を自社グループですべて完結できる企業システムを持っています。

中でも、アーネストアーキテクツは、設計と監理を担当しています。事例として多い間取りの失敗などは、設計の段階で専門家の意見をしっかり聞ける環境が整っていれば、未然に失敗を防ぐことができる可能性が高くなるでしょう。

まとめ

アーネストアーキテクツでは、さまざまな分野のプロが家づくりに関わっています。少人数で設計案を練ると、どうしても発想や視点が偏ってしまいがちです。それを防ぐために、まず、お客様への最初のヒアリングには、「コンセプトデザイナー」に加え、設計の責任者が同席しています。

また、作業を進めていく中で、コンセプトデザイナーの他に、「ディレクトデザイナー」「インテリアコーディネーター」「クラフトデザイナー」「設計監理者」など各分野のプロが集まり、設計を完成させていきます。

このような分業制の仕組みが完成されている組織設計が行われているからこそ、一辺倒ではないオリジナルの設計が完成するのです。

TOP