高級住宅info.

センスのあるモダンな注文住宅を建てるには

センスのあるモダンな注文住宅を建てるポイントは?
モダンの注文住宅の建築費はどのくらい?
モダンな注文住宅はシンプルながらセンスの良さを感じ、どの世代から好まれるテイストです。その普遍的なデザインは時が経過しても古さを感じ難くい特徴も。
しかし、シンプルだからこそ洗練されたデザインが求められ、誤魔化しが効かないデザインでもあります。この記事では、モダンな注文住宅の外観と内装を画像とともにご紹介し、モダン住宅のデザインのポイント。また、記事後半では建築費も合わせてご紹介します

モダンの注文住宅の外観事例

ラインが美しいモノトーンの外観

モノトーンの外観
モダンな注文住宅のポイントは外観のラインが美しいこと。こちらの住宅は白の外壁の縁に細い黒のラインを入れてエッジを効かせ、車寄せに掛けた堅牢なスチールとガラスのルーフが特徴です。ダイナミックなフォルムは落ちる影のラインも美しいモダン住宅の代表例です。
この事例を詳しく見る

美しい弧を描いた外観

弧を描いた外観
弧をきれいに描いた外壁に、連続した小さな開口部がシンメトリーに並んで均整の取れた外観です。外壁に使われたライムストーンがモダンな佇まいに柔らかさをプラス。上部にはテラスもあり、オープンな空間を楽しめます。
この事例を詳しく見る

城壁を連想させる外観

住宅街にそびえたつ住宅
天然石を磨きと割肌(わりはだ)という石の加工を変え、天然石が持つ重厚感を活かした外観です。割肌部分を下からライトアップすることでより凹凸感が強調され、まるで城壁かのような佇まいはプライバシーをしっかりと守ってくれるような安心感を与えます。

この事例を詳しく見る
ご紹介した外観はどれもスッキリとしたラインが特徴的です。余計なものを省いたシンプルなデザインだからこそ、建物を象るフォルムが大切です。また、素材の特徴を活かすことで洗練された高級感が漂います。お気に入りの注文住宅を見つけたら、その外観に使われている素材は何か、メリットやデメリットも知りたいところです。以下の記事で住宅の外壁材について詳しく紹介しているので、気になる方は見てみてください。

モダンの注文住宅の内装事例

ザ・モダンなコンクリート、ガラス、スチールを使用した内装

コンクリート打ち放しの内装
コンクリート、ガラス、スチールと無機質な素材を使用した現代的なインテリア。「洗練」という言葉がピッタリと当てはまります。コンクリート打ち放しは木目が転写され、モダンな内装に与えがちな“冷たさ”を緩和しています。
この事例を詳しく見る

近年人気のモダンに木をプラスした内装

モダンに木をプラスした内装
本来、モダンなインテリアは無機質な素材で構成されたインテリアを指しますが、そこに木の素材をプラスしたインテリアが近年人気です。こちらの内装は天井にダークブラウンのフローリングをコーディネート。スタイリッシュさはそのままに、木の温もりも感じられるスタイルです。
この事例を詳しく見る

都会的なデザインの内装

都会的なデザインの内装
モダンな内装として上がる都会的なデザイン。ホテルの内装などにも用いられるスタイルで、モノトーンに差し色を合わせて華やかさをプラスします。こちらでは赤を差し色に。黄色やターコイズなどお好きな色を差し色に使うことでインテリアのイメージも変わります。

この事例を詳しく見る
ご紹介した以外にも、内装を白で統一したホワイトモダンや和風をプラスした和モダン。ナチュラルな要素をプラスしたソフトモダンなど好みに応じて幅が広がるのもモダンな内装の特徴です。
ここで紹介したモダン住宅の外観と内装事例は高級注文住宅を扱うアーネストアーキテクツによるものです。このほかにもアーネストアーキテクツではモダンの注文住宅を幅広く取り扱っているので、気になる方は見てみてください。
モダンの注文住宅の事例をもっと見る

モダンの注文住宅の建築費は安くない?

お金と住宅
モダンの注文住宅はシンプルなデザインのことから「費用はそれほどかからないのでは?」と思われがちですが、実際はどうなのでしょうか。ここではモダンの注文住宅の建築費用を説明します。

モダンはシンプルでも建築費は安いわけではないその理由①

モダンの注文住宅は、装飾的なものをそぎ落とし建物の造形や素材そのものの美しさによって建築美を表現します。そのため、装飾的なものをそぎ落とすのだから建築費も安いのではないかと思いがちですが、建築美を魅せるためにはダイナミックな空間が必要です。また、シンプルだからこそ素材の善し悪しが歴然となります。同じコンクリートでもその質は様々。また内装にコンクリート打ち放しを使用したい場合は、内断熱よりも割高な外断熱を採用することになります。
つまり、モダンに見せるためにはそれ相応の工夫が必要になってくるのです。「シンプルモダン=デザインを無くす」ではなく、「シンプルモダン=モダンに見せるための“デザインをする”」ということになります。そのため、建築費は一般住宅よりかかる傾向にあり、相応の費用がかかるのです。ここが一般的に誤解の多い部分といえます。

モダンはシンプルでも建築費は安いわけではないその理由②

確かにモダンテイストはエレガントやクラシック系のデザインより装飾が少ないため、その分費用は安くなります。
例えば、シンプルに見せるために巾木(はばき:壁の下にある床の間の目隠しの横板)を無くすといった場合、物を無くすのだから一見費用は安くなりそうですが、そうはいきません。なぜなら壁と床をつなげることは好ましくなく、巾木のない分、特殊な納まりが必要だからです。その為の手間代や材料費がかかります。
つまり、モダンに見せるためにデザインした部分は無くなった材料費に代わる特殊な技法や別の材料代がかかるということなのです。
モダンもクラシック・エレガントもこだわればこだわるだけ建築費は上がります。そこをうまく調整し設計していくのが設計士の役割です。まずは一度、設計士に自分のこだわりを伝えたうえで、費用の相談をするのをおすすめします。

モダンの注文住宅の費用相談をする

【まとめ】シンプルなモダンの注文住宅を手に入れて豊かな住まいづくりを

すっきりとしたデザインから人気の高いモダンテイストの住宅は、シンプルであることの美しさを突きつめるデザイナーのこだわりとクライアントのライフスタイルが一致し、人が生活することでその個性を一段と発揮します。

モダンの注文住宅は住まい手の満足感も高く、見る人の心も魅了します。注文住宅ではさまざまなモダンテイストの住宅がありますので、自分に合ったモダンテイストを見つけてみましょう。

高級注文住宅を数多く手がけるアーネストアーキテクツ

  • ◆著名人・有名人の実績多数!

    ◆高級住宅1000棟以上の実績!

    ◆テレビや雑誌の掲載多数!

    TBSジョブチューンで「豪邸設計のスペシャリスト」として紹介された設計士が所属する設計事務所です。

詳細を見てみる

【注文住宅のデザインについての関連記事】

TOP