高級住宅info.

満足度の高いおしゃれな高級注文住宅を建てるポイントとは

高級注文住宅を建てるとなれば、自分なりのこだわりをいろいろ取り入れてデザインにもこだわり、おしゃれで満足度の高い家をつくりたいもの。

こんな家にしたいと思っていても建築デザインはよくわからないし、住まいは間取りや機能も大事。どうやったらおしゃれな高級注文住宅を建てられるのか、押さえておきたいポイントについて実例を参考にご紹介します。

インテリアデザインや外観デザインで押さえるポイント

おしゃれに感じるインテリアポイント

注文住宅ではあれこれこだわりたいもの。フローリングはこれを使いたいし、壁紙も海外から取り寄せたものを使いたい、壁にはタイルを貼りたいし…。

あれこれ取り混ぜてしまうとバランスが崩れ、おしゃれでなくなってしまうのは洋服でも同じ。家全体のデザインコンセプトをそろえつつ、見せ場とするポイントをつくることが大事です。大きな一面の壁だけを表情豊かなタイルにしたり、フローリングにこだわったらその他はシンプルにするなど、おしゃれのポイントを絞り込むことが大切です。それによってそのポイントも引き立ちます。

設計をしているとよく「この壁紙は一番安い量販品ですよね?」といわれることがあります。

でも、面積の大きい壁紙に模様を入れて飽きてしまったら取り返しがつきません。むしろベースとなる壁や天井はできるだけシンプルに。他の部分でポイントをつくり、見せ場を絞ったほうがデザイン的にも費用的にもバランスが良いのです。気に入った個性的な壁紙は個室や、トイレなど面積の小さいところや、家全体のデザインコンセプトに影響を与えない部分で楽しむのがポイントです。

おしゃれに感じる外観のポイント

おしゃれな注文住宅の外装
建物の造形は設計デザイナーにお任せする部分なので、提案を受ける前に自分の好みを漠然とでもよいのできちんと伝えることが大切です。その中で自分なりにおしゃれ感を出すポイントを建築デザイナーと相談していくときにこだわって選びたいのは、外壁の素材と照明計画です。

外観は使用する仕上げ材によって印象が大きくかわります。個性的な色やテクスチャの素材はそれだけで存在感がありますので、大きな面で使うとそれが建物の印象を決定づけます。おしゃれに感じるような使い方にするなら、ポイントとなる部分だけにその素材を使うのが良いでしょう。

また、素材そのものとして強いインパクトを持つ石などは、それだけで十分という場合もあるので、あれこれ素材を追加しないほうが建物全体のボリュームをダイナミックに表現できます。

忘れがちなのが建物全体の外観を彩る照明計画です。夜景に浮かび上がる我が家を幻想的に演出してくれます。表情のある素材の陰影を楽しむライトアップをしたり、こだわりの素材を使った一面に間接照明をつけて浮かび上がらせたりと、帰宅するのが楽しみになる演出を施したいですね。

おしゃれ感をひき立たせるライフスタイルに合わせた間取り

ライフスタイルとおしゃれなキッチン

注文住宅のこだわりとしてキッチンはポイントの高い部分です。カウンタートップや、面材の色にこだわり、キッチン用品もこだわりぬいたオープンキッチンはとてもおしゃれですね。

でも、キッチンは作業場でもありますから、毎日綺麗に片づけるのはとても大変です。洗剤もあれば、手が届きやすいところに調味料を置いておきたいですし、ゴミ箱も必要で、食後は洗い物がシンクに溜まります。毎日の家事をこなしながらいつもきれいにというのは、なかなか難しいエリアでもあります。

その為、キッチンそのもののデザインも大切ですが、家全体としておしゃれに見せるためには、そういった見せる部分と隠す部分のメリハリをつけることです。例えばフルオープンにするのではなく、ちょっとした壁を作ってその陰に見せたくないものを置いたり、シンクの前に手元を隠す立ち上がりを設けるのは一般的。それ以外にも大きな引き戸をつけて家電を使う時にはオープンに、調理が終わったら一気に隠せるようにするなどの工夫もできます。

また、キッチンの脇に家事コーナーを設け、そこに請求書や領収書、パソコン、電話、学校の連絡、予定の書きこまれたカレンダーやメモをピン止めするボードを設置するなど、雑然としがちな日常生活で必要なアイテムを便利に集中的に隠す場所を設けるのも、おしゃれに見せる工夫の一つです。

おしゃれさのポイントは適材適所の収納計画

日々の生活を送るためにはさまざまなものが必要になってきます。

例えば新聞、雑誌、掃除器具や、買い置きしておく洗剤やトイレットペーパーなどのストック、季節的には使うけれど普段は使わないクリスマスツリーやひな人形などはきちんと収納しておきたいもの。収納場所が使い勝手の良い場所にないと結局出したまま、片づけないままになってしまい、せっかくおしゃれにこだわって作った住まいもいつの間にか元どおりの物にあふれた部屋に早変わり・・・。そうならないために、リビングやダイニングなど普段家族が集まる場所に効率的な収納を設けることが一つのポイントになる場合もあります。

家族の収納部屋をひとつにまとめることで動線が集約されますし、荷物を集約することでどこに片づけたのか分からない!ということも無くなります。

また日常使うものならば、適所に収納計画を立てることも大切です。例えば、下着やパジャマ。クローゼットに収納している方もいらっしゃると思いますが、脱衣所に収納することでスムーズな動線となる場合も。これは、その家族で異なりますので、日ごろの生活パターンを考慮して収納計画を立ててくださいね。

おしゃれをもっと自由に!心地良いインテリアが一番

おしゃれな住宅の内装
注文住宅でモダンなデザインや、エレガント、クラシック、和モダンなどの方向性はある程度想像ができます。

しかし、さまざまな要素が混ざり合い、ジャンルの垣根を超えたインテリアに仕上げている住まいもあります。それは住み手の強烈な個性に裏付けされ、オーナーが自由気ままに集めたアイテムを並べただけでおしゃれに見えてしまう、オーナー自身に独特の感性を持っている方のインテリア。よくインテリア雑誌に、各方面のデザイナーの部屋が特集されていますよね。

そんな、おしゃれ上級者のインテリアに共通しているのは、形式にとらわれずに自由にレイアウトや家具、小物のデザインを楽しんでいること。形式ばかりに捕らわれるのではなく、自分が心地良いと思う空間を追求することで、インテリアは住み手と共に成長するものだと思います。こうして数年経た家のインテリアはとてもおしゃれで、素敵なインテリアだと思うのです。

おしゃれな注文住宅を検討する時に参考になるWEBサイトや雑誌

高級注文住宅専門はやっぱりハイセンス!「アーネストアーキテクツ」

高級注文住宅は設計デザイナーやインテリアコーディネーターの提案をよく吟味して、自分のこだわりやデザイナーの意見を聞きながら作り上げていくものです。

その高級注文住宅で有名なのがアーネストアーキテクツ。こちらの会社は高級注文住宅を専門に行っているだけあって、そのデザインセンスはかなりのハイレベル!気に入った写真はお気に入り登録しておくことができるので便利です。
アーネストアーキテクツの最新事例
アーネストアーキテクツの最新事例を見る

デザイン住宅の老舗雑誌「モダンリビング」

ハースト婦人画報社から販売されている「モダンリビング」1951年から創刊され長年住宅のデザインを特集している老舗雑誌です。いろいろな建築家のデザインが紹介され、年1~2回特集される「豪邸特集」は大人気です。高級注文住宅を検討中の方なら一度は手にされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
モダンリビングのホームページ
モダンリビングのWEBサイト

インテリアが充実の「ELLE DÉCOR(エルデコ)」

同じくハースト婦人画報社から出版されているインテリア関連が充実した雑誌です。ソファは椅子などの他に、ランプからキッチン用品まで、おしゃれなインテリアをつくるためのアイテムが多数紹介されています。
エルデコのホームページ
ELLE DÉCORのWEBサイト

世界最大の住宅関連サイトHouzz(ハウズ)

世界最大の住宅関連のコミュニティーサイトHouzz。掲載写真も無尽蔵。好みのインテリアや、外観デザインの写真が見つかるでしょう。携帯アクセスして気になる写真をピックアップ。建築デザイナーに見せてイメージの共有に役立てることが可能です。
ハウズのホームページ
HouzzのWEBサイト

まとめ

おしゃれ感を出したい注文住宅。こだわりたいポイントはたくさんあるけれど、重要なのはメリハリと、ライフスタイルに合ったおしゃれに見せるための住まい全体の収納計画です。ご紹介したサイトも参考に満足いく高級注文住宅を建てましょう!

高級注文住宅を数多く手がけるアーネストアーキテクツ

  • ◆著名人・有名人の実績多数!

    ◆高級住宅約1000棟の実績!

    ◆テレビや雑誌の掲載多数!

    「おしゃれイズム」や「今あいつ何してる?」で紹介されたあの豪邸を手掛けた設計事務所です。

アーネストアーキテクツの詳細を見てみる

TOP